ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

茶碗蒸し器とは

茶碗蒸し器とは、茶碗蒸しを作るために利用する食器のこと。湯飲みのような形状で、高さがあるものが一般的です。

多くの茶碗蒸し器は蓋とセットで販売されています。その理由は、茶碗蒸しを作る際に水滴が混入するのを防ぐためです。また、蓋をすることで食材の香りを逃さないので、食べる直前に風味が漂います。

茶碗蒸し器の選び方

一度に作れる大きさで選ぶ

茶碗蒸し器を選ぶポイントは、一度に作れる大きさかどうかです。複数回に分けて蒸すと、初めに作ったものが冷めてしまうことも。作りたい個数や、蒸し器や電子レンジなどの調理器具に入るサイズを選ぶことが大切です。

大きさの目安は250ccです。たくさん具材を入れて食べ応えのある茶碗蒸しをいただきたいなら250~300ccのものがいいでしょう。

材質で選ぶ

茶碗蒸し器に使われている材質には「陶器」「メラミン樹脂製」「ガラス」があり、素材によってそれぞれ性質が異なります。

茶碗蒸し器の素材の主流は陶器です。陶器のメリットは、熱や中身によって変化しにくいこと。また重さがあるため、重厚感があります。

なるべく茶碗蒸し器を長く使いたいという方は、メラミン樹脂製の商品を選んでみて。メラミン樹脂製の茶碗蒸し器は耐久性が高いので、落としても割れにくいです。

ほかにも、ガラス製の茶碗蒸し器もあります。ガラスは透明なので、中身が見えてとても涼しげ。冷たい茶碗蒸しを作る場合にはぴったりです。

「電子レンジ」「オーブン」「食洗機」対応で選ぶ

茶碗蒸し器を選ぶ際は、手持ちの調理器具や調理家電に対応しているかで選ぶことも大切です。製品によっては使用できる調理器具が限られているものや、複数の調理器具に対応しているものがありますよ。食洗機対応、オーブン対応の茶碗蒸し器もあるので確認しておきましょう。

セット内容で選ぶ

シチュエーションによってセット内容で選ぶのもいいでしょう。蓋以外にもスプーンがセットになっているものも販売されています。木製スプーンは熱を伝えにくいため、熱い茶碗蒸しを食べるときに便利ですよ。また、大人数分の茶碗蒸し器が必要な場合は、複数セットになっている商品を探してみてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ