ライター : Ricca_ricca

湘南でのんびり生活を満喫中♪空いた時間には近くのパン屋さんやカフェを巡ったり、おいしそうなレシピを探して作るのが趣味です☆現在は薬膳を勉強しながら子育て奮闘中です。

お気に入りの茶碗蒸し器を見つけよう♪

茶碗蒸し器の特徴

湯呑のような形をした器に、蓋がセットになった茶碗蒸し器。市販の器の容量は200ml~250mlくらいが一般的です。この茶碗蒸し器を使えば、作るのが難しいと思われていた茶碗蒸しもご家庭で簡単に作ることができます。 最近では定番の和風柄のものから、おしゃれな洋風柄のものまでデザインもいろいろとあるようです。また茶碗蒸し器に欠かせないのが蓋。蓋の役割は蒸してる最中に水滴が中に入ってしまわないため。茶碗蒸しには欠かせないもののようですね。

茶碗蒸し器の選び方

風合い

茶碗蒸し器で一番多く使われている素材が“陶器”や“磁器”。ひと口に陶器や磁器と言っても形やデザインもさまざまです。 例えば伝統的工芸品として有名な伊万里焼や有田焼は、白磁に鮮やかな絵付けが施されてたもので、懐石料理などに添えるだけでお料理が一気に華やぎます。白磁にブルーや淡い色を基調とした美濃焼きや、素材の風合いを生かした備前織部などはどんなお料理とも合わせやすいので幅広く活用することができます。

大きさ

茶碗蒸し器の大きさは大小さまざまです。小さいものは100mlくらいからで、大きいものになると250ml~300mlくらいと食べ応えのあるサイズもあります。大きさに関しては、ご家族が食べる量などを考慮し、お好みに合わせて選ぶのが一番だと思います。

扱いやすさ

茶碗蒸し器の中には“電子レンジ対応のもの”や、“食洗器の使用が可能なもの”まであります。電子レンジ対応のものであれば、蒸す工程を電子レンジで行うことも可能になります。また食洗器対応のものは、後片付けをするのも楽ですね!このように扱いやすく手入れのしやすいものがお好みである場合は、その材質を選ぶことがおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS