ご飯のおとものランキング20選!魚やお肉から高級品まで

好きなおかずさえあれば、ご飯を何杯でも食べられるというあなたのために、ご飯のおともにおすすめの人気商品をランキング形式で選んでみました。ご飯のおともを魚介系とお肉系、総菜系や高級なものに分けて、それぞれのランキングTOP5をご紹介します。

2018年3月17日 更新

魚介系ご飯のおとも人気ランキングTOP5

5位 丁寧な仕事「ほたるいか醤油漬け」

ITEM

海の幸なのにYAMATO ほたるいか醤油漬け 200g 冷凍食品

兵庫県産ほたるいかを、日本で作られた木樽仕込の本醸造丸大豆醬油で漬け込んでいます。口当たりが悪くなる目と口を取り除くために、人件費の安いベトナムへ持ち込んで作られた、たいへん手の込んだ醤油漬けです。

¥430〜 ※2018年2月17日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ほたるいかといえば富山を思い浮かべますが、じつは漁獲量日本一はお隣りの兵庫県なんです。その兵庫県産ほたるいかの硬い目と口を人の手で一匹ずつ取り除き、薄口の本醸造丸大豆醬油やみりんなどで漬け込んであります。漬けダレが濃すぎないので、ほたるいか本来の味を楽しめるおいしい醤油漬けです。

4位 優しい味わい「鯖の味噌煮缶」

ITEM

伊藤食品 美味しい鯖 味噌煮 EO缶 190g

静岡県で創業して70年の伊藤食品は、マグロやさばを中心に魚介類の缶詰を製造販売する企業です。ここで作られる「鯖の味噌煮缶」は国産のさばを使用していて、青森県産の辛口津軽味噌で煮付けてあります。

¥159〜 ※2018年2月17日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
辛口の津軽味噌で煮付けてある国産のさば缶は、化学調味料を使用しない自然な味わいが評判です。一般の濃い風味の味噌煮缶とはまったく違った、料亭で出てくるような優しくて高級感のある味付けになっています。海外出張には必ず持っていくという人もいるほど、ご飯によく合うさば缶として人気です。

3位 ゴロの風味「社長のいか塩辛」

ITEM

かに問屋 札幌蟹販 布目 社長のいか塩辛 180g

北海道札幌市の本社ビルに、カニの販売店やレストランまである札幌蟹販。こちらが通販で扱っているいかの加工食品で、函館近海で獲れた新鮮な生いかと天然塩で作られた、社長こだわりのいかの塩辛です。

¥520〜 ※2018年2月17日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
テレビでタレントが話題にしていたことで人気となったいかの塩辛で、市販のいかの身だけしか入っていない塩辛や、ただしょっぱいだけの塩辛とは一線を画すおいしさが評判!ゴロ(内臓)も入っているのでいか本来の風味が豊かで、それでいてマイルドな味わいでやみつきになることうけ合いの塩辛です。

2位 北海道産「焼き鮭ほぐし」

ITEM

北海道産鮭フレーク 焼き鮭ほぐし 瓶入り 200g

北海道屈指の昆布産地である恵山の「函館えさん昆布の会」が販売する鮭フレークです。北海道産の鮭を焼いてから、手で粗くほぐしていますので、身が大きくて食べごたえがあり、焼き鮭本来の味を楽しめます。

¥800〜 ※2018年2月17日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
焼いた鮭をフレークにした瓶詰め商品で、ほどよい塩加減とマイルドな味付けが、焼き鮭の自然な味わいをよりいっそう引き立ててくれます。そのままご飯にかけていただくのが一番おいしいですが、おにぎりのなかに入れたりお茶漬けにしたり、鮭チャーハンやパスタにもよく合うフレークだと評判です。
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう