ライター : zuenmei

食べること、アジア旅行が大好きです。料理も大好き❗️ 旅で食べたものを自宅で再現したりします。

燻製醤油とは?使い方&作り方

燻製醤油とは、既存の醤油を桜のチップなどで燻製にしたものです。肉や魚、ゆで卵はもちろん、刺し身や冷奴、卵かけご飯など、シンプルな和食によく合います。 通常の醤油を桜などのチップでいぶしてあるだけなのに、とても味わい深いフレーバー!1本あれば、さっとかけるだけで、とてもグルメなおうちごはんになります。

アレンジたくさん!燻製醤油の使い道

卵かけご飯に

卵かけご飯は、燻製醤油の美味しさを味わえる、究極のメニューなのではないでしょうか?まず、お椀にご飯を盛り、真ん中をちょっと凹ませておきます。そこに卵の黄身を入れ、燻製醤油をかけます。箸でかき混ぜて黄身を崩し、燻製醤油とよくからませます。キムチなどを添えても、辛味がアクセントになっておいしいです。

ミートソースの仕上げに燻製醤油

このメニューでは、ミートソースの最後の仕上げに燻製醤油を使います。本来は塩胡椒でフィニッシュするところを、香ばしくも食欲をそそる味わいをもった燻製醤油。このアイデアで味に深みがでて、スモークによる重厚感が加わった大人味のミートソースに変身したとのこと。

真鯛のソテー 燻製醤油ソース

マフィンの外側についているような粒粒、コーングリッツを衣代わりにつけてグリルでこんがり焼いた蛋白な真鯛に、燻製醤油とバターをとかしたソースをかけていただきます。燻製醤油とバターのソースなんてとびきりおしゃれですね! おしゃれな料理というだけではなく、本当にびっくりするほどの濃厚&クリーミーなおいしさが口の中に広がります。野菜や付け合せの副菜をワンプレートに盛り付けてデリ風に!ホームパーティでもきっと盛り上がります。

他にもいろいろな料理に合う

もっちりとした半熟ゆでたまごに燻製醤油。そのままでもおいしいのに、燻製醤油をひと降りすると、濃厚なおいしさがたまりません。特にコンビニのゆでたまごはふたつに割れにくいほどもっちりして、すでに塩味がほんのりついていますが、燻製醤油をかけるといちだんとおいしくなりますのでおすすめです。

燻製醤油の作り方

材料

・コンパクトスモーカー ・醤油 ・アルミホイル ・バット ・コンロ ・桜のチップ
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS