掃除が簡単になる「換気扇カバー」15選!外し方や交換方法も

油汚れやホコリがたまりやすい換気扇。今回は換気扇の掃除が簡単になる優秀なアイテム「換気扇カバー」のおすすめ商品をご紹介します。張るだけタイプ・かぶせるタイプ・枠つきタイプ、それぞれのメリットについて詳しく学んでいきましょう!

2018年3月13日 更新

換気扇カバーは形状で比較!

シールのようにパッと「貼るだけタイプ」

100均でも購入できる貼るタイプは、もっとも手軽に購入できる換気扇カバーです。大きい深型・スリムな浅型、どちらのレンジフードに対応しています。ただ、ファン式の換気扇でカバーか付いていないものには使用できないので注意してくださいね。

貼るタイプの換気扇カバーには、シールのようにぴったりと貼るもの・磁石でぴたっと貼り付けるものの種類があります。ワンタッチで簡単に貼り付けするだけで、掃除が面倒なレンジフードのお手入れも簡単です。

帽子のようにサッと「かぶせるタイプ 」

既存のレンジフードにくるっとかぶせるタイプの換気扇でカバーは、深型・フレーム付きのファン型に対応!フィルターのまわりもカバーするので、換気扇の横部分もしっかりと汚れを防ぎます。

しっかりとレンジフードに固定されているので、万が一のカバーの落下を心配も無用です。汚れたら、取り外して再び付けるだけ。カバーのまわりには、ゴムが付いているので装着にも時間がかかりません。

ワンタッチで簡単!「枠付きタイプ 」

枠付きのカバーを装着するだけのお手軽なお掃除アイテムもあります。ワンタッチで取り付けられるうえ、フィルターをカットする手間がなくなるのでささっと装着できるのがメリットです。

専用の枠カバーには、さまざまな大きさがあります。横幅は左右に広げて大きさが変更できますが、縦幅は固定されていうものがほとんどです。お家のレンジフードに合ったサイズのものを購入しないと、装着できないので購入の際は注意しましょう。

掃除が楽なのは?外し方や交換方法が簡単なのは?

貼るだけタイプ

貼るだけタイプの換気扇カバーは、フリーサイズのものから60cmにカットされているもの、90cmにカットされているものまで形はさまざま。厚みが薄いものは交換時期が早く、厚みがあるものは交換時期が長くなります。

カバーを適度に交換すれば、レンジフードまで汚れが届かないのでキッチンはいつでもピカピカですよ。交換マークが浮き出てきたら、貼ってあるものをはがして、新しいものに取り付けるだけなのでメンテナンスも簡単!
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cucunyaroti

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう