中身はすじこん!元祖たこ焼き?「ラジオ焼き」ってなんだ?

「ラジオ焼き」という言葉を聞いたことはありますか?名前だけはなんとなく聞いたことがある…という方がほとんどかもしれませんね。そこで「ラジオ焼きとはどういうものなのか?」「ラジオ焼きの作り方は?」などラジオ焼きのあれこれについてご紹介します!

2018年1月31日 更新

たこ焼きとラジオ焼きの違い

たこ焼きとラジオ焼きの違いは、具材が牛すじ肉かたこかということだけです。作り方もラジオ焼きとたこ焼きは同じで、球状に焼けるように、丸くくぼんだ、おなじみの鉄板のなかに生地を入れ、具材を入れて焼くという工程です。

ラジオ焼きの作り方

ラジオ焼きの具材は味噌味の牛すじ肉のほかに小さく切ったこんにゃくをミックスした、大阪では「すじコン」という名称で愛されている庶民的なものです。たこ焼きと同様に小麦粉、卵、だし汁が入った生地と、このすじコンを鉄板に流し込みます。

鉄板の丸いくぼみに入れた生地が固まってきたら、生地を回転させて球状になるように焼き加減を見ながら形を整えていきます。完全に生地に火が通って、丸い形になれば完成です。

ラジオ焼きの発祥の地「会津屋」

会津屋とは?

ラジオ焼きの発祥といわれる「会津屋」は前述した遠藤留吉氏が昭和8年、大阪市の今里で子供向けの屋台から開業したお店です。遠藤氏が福島県の会津出身であることから、お店の名称を「会津屋」にしたそうです。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう