ライター : 馬原 香織

料理家/料理教室主宰/調理師

「家族が喜ぶ、何度も使えるレシピ」をコンセプトにした料理教室を中心に、レシピ開発や料理ライターとして活動中。毎日の食卓が少しでも美味しく、楽しくなるようお手伝いしたいと思っ…もっとみる

みりんの特徴や代用法をマスターしよう

※画像はイメージです
醤油や酒に並び、和食に欠かせない調味料「みりん」。

普段洋食を作る機会が多い家庭では、久しぶりに使おうとしたらみりんを切らしていた!なんてこともありますよね。もう調理をはじめる気満々なのに、わざわざスーパーへ行くのも面倒……。

そこでこの記事では、ある2つの材料を組み合わせて作る、みりんの代用法をご紹介します♪

まずはみりんの役割や特徴を学び、なぜ代用できるのかという詳しい理由まで解説します。

みりんとは

料理酒や醤油はなんとなくイメージがついても、みりんの原料は?と聞かれたら、答えられない方が多いのではないでしょうか。みりんは、もち米、米麹、焼酎を原料にし、40~60日ほど熟成して甘みを出した調味料です。

スーパーへ行くと「本みりん」と「みりん風調味料」の2つがありますが、純粋に熟成して作ったのが「本みりん」。アルコール分が14%含まれており、時間をかけて熟成したアルコールならではの本格的な旨味が感じられます。通常「みりん」とは、「本みりん」を指します。

一方「みりん風調味料」は本みりんの味になるようにブレンドして作られた調味料。アルコール分は1%未満とほぼないため、臭みを抑えるといったアルコールの作用はあまり期待できないという特徴があります。本みりんよりも安価で甘味を強く感じますよ。

どんな使い方?みりんの役割とは

コクや旨みをだす

みりんのもつ甘さは、人工的ではなく米や焼酎を発酵して生まれた自然なもの。料理にしっかりと溶け込むので、まるで食材そのものから生まれたような甘さやコクを出せます。

みりんの甘さはとてもまろやかなので、純粋に甘みを出すには砂糖も必要。両方を合わせることで、料理のおいしさを引き立てられますよ。

臭みを消す

意外に知られていないのが、みりんには肉や魚の臭みを消す作用があるということ。これはみりんに含まれるアルコールによって起こる作用なので、度数1%未満の「みりん風調味料」では作用がありません。

アルコールなら酒で良いのでは?と思いますが、みりんの持つ甘さは臭みを目立たなくする重要な要素。豚肉やモツなど臭みの強い食材は、より作用を実感できますよ。

照りやツヤをだす

みりんがもつ甘み成分は、加熱すると膜を作る特徴があります。これによって、「ブリの照り焼き」や「照り焼きチキン」のように、料理に照りやツヤを出してくれる作用が。

つややかな料理はおいしそうに見えますし、膜によってタレやソースがピタッと固定されます。そのため、味が染み込みにくい食材にもしっかりと味付けすることができます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ