奇跡のヒット作!成城石井「いちごバター」の再販が決定!

ネットで話題となった成城石井の「いちごバター」!テレビでも紹介されたヒット商品なだけあって、4月の再販でも即完売。しかし、2019年7月20(土)、再販が決定しました!一体どんな味わいなのでしょうか?人気の秘密を探るべく、味や価格を調査したので実食レビューでご紹介します。

2019年4月4日 更新

成城石井の人気スプレッド!

成城石井の人気スプレッド!

Photo by macaroni

成城石井の新感覚スプレッド「いちごバター」が、SNSを中心に話題になっています!

テレビ番組でも取り上げられ、ヒットした商品なのですが……なんと2019年7月20日の10時から再販売が決定しました!4月の再販時にゲットできなかった人も、今回は公式オンラインショップでの販売もあるので要チェックですよ!

さっそく編集部の実食レビューをお送りするので、チェックしてみてくださいね。

成城石井「いちごバター」

成城石井「いちごバター」

Photo by macaroni

270g 699円(税抜き)

こちらが話題の商品、成城石井「いちごバター」。国産いちご100%のジャムに口どけのいいバターをブレンドした、今まであるようでなかったニュータイプのスプレッドです。

フタを開けてみると、なかはキレイなピンク色!いちごの甘酸っぱさだけでなく、バターの芳醇な香りがふわんと漂います。
成城石井「いちごバター」

Photo by macaroni

公式サイトによると「バターにフレッシュないちごの酸味が引き立ち、濃厚なのに後味すっきり」とのことですが、果たしてその味やいかに。まずはスタンダードに食パンにそのまま塗ってみました。

ビンに入っているときは滑らかに見えましたが、実際に塗ってみるといちごがゴロゴロ。おおお♪これはジャムならではの粒感も楽しめそうですね!
成城石井「いちごバター」

Photo by macaroni

編集部のみんなで食べてみたところ、「クリーミーなイチゴジャムみたい」「いちごのつぶつぶ感がたまに感じられる」とまずまずの評価。

うーん……市販のジャムより酸味が控えめなのですが、いちごの主張が強すぎるせいかバターの存在感があまりなく、イチゴジャムな感じが否めません。温かくないものに塗ったのがいけないのでしょうか?「バター」と名乗るには、あと一歩足りない感じ。

とろジュワ感UP!トーストしてみた♪

とろジュワ感UP!トーストしてみた♪

Photo by macaroni

ならばと今度はいちごバターを塗った食パンを焼いてジャムトーストにしてみました!一緒に加熱したためか、パンの表面には溶けたバターがじゅんわりと染み込んでいます。……これこれ!これこそ求めていたバター感です!

噛んだ瞬間バターの旨味が「ジュワッ」。いちごの粒感はそのままに、甘味とバターの風味がグッと増していました。

このコク、まさに「ジャム」ではなく「いちごバター」。温度だけで、だいぶ印象がかわるものですね。一般的なイチゴジャムにはない感じでちょっとクセになりそうです。

アイスともベストマッチ!

アイスともベストマッチ!

Photo by macaroni

温かいものは試したので、今度は逆に冷たいものに挑戦!市販のバニラアイスにいちごバターをのせてみました。見た目はピンクと白のツーバイカラーでなんだかかわいいですね。

スプーンですくい上げ食べてみると、ジャムとアイスが混ざり合いねっとりとした舌ざわり。バニラの風味が先にくるのですが、後からいちごバターの酸味とまろやかさが負けじと追いかけてきます。これは、結構アタリの組み合わせかも!

みんなにも食べてもらってみると「バターのコクでバニラアイスの濃厚さが増しているように感じる」「いちごの味がアイスに負けずちゃんと主張しているのでおいしい」と軒並み高評価!濃厚な冬アイス好きさんには、この活用法おすすめです♪

5万個限定!ネットでも販売スタート

5万個限定!ネットでも販売スタート

Photo by macaroni

さて、肝心の購入方法をご紹介します。今までは成城石井の店頭のみの販売でしたが、今回は7月20日(土)より、各店舗と公式オンラインショップで購入できます。(※有楽町店・名古屋ラシック店は11時〜、芝浦シーバンス店は11時30分〜販売)

5万個の数量限定、お一人一点限りなので注意してくださいね。

常温商品ですが、砂糖が控えめなので開封後は冷蔵保存がいいとのこと。保存料なども入っていないので、開封後はお早めにおめしあがりくださいね。

スプレッドの新しい扉が開けるかも!

スプレッドの新しい扉が開けるかも!

Photo by macaroni

成城石井の「いちごバター」は、朝食にもおやつにもデザートにも活躍しそうな、ポテンシャルの高い商品。しっかりと粘度があるので、そのままクラッカーにのせてワインのおつまみにしてもいいかもしれませんね。

一般的なジャムともスプレッドとも一味違うので、一度食べるとその常識が覆されるかも。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう