ライター : donguri

webライター

濃厚とろり♪卵味噌のご飯のお供に!

お米がおいしい季節には、青森県の郷土料理「卵味噌」を作ってみませんか?お味噌のコクと濃厚な卵が合わさった「卵味噌」は、ご飯との相性抜群!そのままのせて食べるのはもちろん、お茶漬けやおにぎりなど、いろいろなアレンジができます。 本場の青森では日本酒のアテとして食べられることも多く、おつまみにも最適♪今回は、「卵味噌」の基本のレシピや、すぐマネできるお手軽アレンジをご紹介します。とっても簡単に作れるので、ぜひ一度お試しくださいね。

基本の卵味噌の作り方

Photo by donguri

卵味噌の材料は、冷蔵庫の常備食材だけでOK!ご紹介するのは基本の作り方なので、甘めが好きな方は砂糖を多くしたり、とろみをつけたい場合は酒を多くしたり、調整してみてくださいね。

調理時間はたったの5分ほどで、料理の腕に自信がない方でもおいしく作れる「卵味噌」。それでは、気になる作り方をチェックしてみましょう!

材料(2〜4人分)

Photo by donguri

  • 2個
  • ソース
    • みそ 大さじ2杯
    • 砂糖 大さじ1杯
    • 大さじ2杯

作り方

1.ソースを作る

材料をなべにいれた写真

Photo by donguri

【ソース】の材料を小鍋に入れ、弱火にかける。焦げないように常に混ぜる。

2.卵を加える

溶き卵を加えた写真

Photo by donguri

ふつふつと沸いてなめらかになったら、卵2個を溶いたものを加える。

3.加熱する

卵味噌を作成した写真

Photo by donguri

弱火のまましばらく混ぜて、卵が固まってきたら、火を止めてできあがり!

手作り卵味噌の保存期間

卵味噌は、密封できる保存容器に入れて、冷蔵ですと1週間前後保存が可能です。家族が多い場合はレシピを倍量にして、たっぷりと作り置きしておくと良いですね。レンジで加熱すると卵が固くなってしまうので、冷蔵庫から出して常温に戻してから食べるのがおすすめです。

卵味噌のアレンジ3選

1. ネギ入り卵味噌

Photo by donguri

そのままご飯のお供やおつまみにしてもおいしいですが、一工夫加えることで料理の幅をグッと広げることができます。ひとつめは、シンプルな卵味噌とは一味違ったおいしさが楽しめるアレンジ。 基本のレシピの溶き卵を入れるタイミングで、刻んだネギを一緒に加えましょう。使用するのは青ネギでも白ネギでもどちらでもOK!シャキッとした歯ごたえと、コクのあるネギの風味がプラスされます。

編集部のおすすめ