安納蜜芋

480円(税込)
お店のウリの種子島直送の「安納芋」。半分に割ったときの濃厚な黄色がなんともいえず、魅力的です。
実際に食べた人の口コミを見ると「安納芋はすごい!」「こりゃたまらん」「間違いない」と芋好きから安定の高評価を得ているようです。

紅はるか

330円(税込)
ほかにもいろいろな種類の焼き芋が売られていますが、こちらの「紅はるか」も人気のようです。「未体験のおいしさ!」という感動の口コミもありましたよ。気になります!食べ比べ必須ですね。

店舗情報

■店舗名:えぬけいふーど ■最寄駅:東京メトロ有楽町線麹町駅4番出口 徒歩2分 ■住所:東京都千代田区麹町4-4 ■電話番号:03-3221-5160 ■営業時間:11:00~19:30 ■定休日:日曜日 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13194359/ ■公式HP:なし

3.東京 豪徳寺「焼き芋専門店 ふじ」

小田急線豪徳寺駅より徒歩3分ほど。改札を出て左にある商店街をまっすぐ進むと、右手にお店があります。赤地に黄色の文字が、一見中華料理屋さんのようにも見えますが、しっかりと数種類の焼き芋メニューの看板が設置されています。
基本的にはテイクアウト専門店ですが、店内に座ってすぐに食べられる椅子も置いてあります。
定番人気商の安納芋・紅はるかのほかにも、紫芋やかぼちゃのような甘みのハロウィンスイートなどの変わり種まで、全国から厳選したお芋を毎日店内で焼いているそうです。

安納芋

S 250円 M 350円 L 500円
やっぱり一番人気は「安納芋」。鹿児島産のこちらの安納芋は、熟すと実がしたたり落ちるそうです!濃密でうまみがぎゅっと詰まっているのが伝わってきますね。
「香りにつられてつい買ってしまった」「買わずにはいられなかった」と、いい匂いにつられて通りすがりなので買ってしまう人続出の模様です。

ハロウィンスイート

もうひとつは、このお店に来たらぜひ食べたい希少種「ハロウィンスイート」!まるでかぼちゃのような甘みのさつまいもなんだとか。実際に食べた人からは「オレンジ色の果肉がトロトロ」「天然のスイートポテトみたい」と感動のコメントが投稿されていましたよ!
10月中旬に大分県に新店舗がオープンするようなので、お近くの方はぜひそちらにも足を運んでみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS