ローディング中

Loading...

美しい琥珀色のお酒、ブランデー。水割りやソーダ割りなど飲み方によって、また、種類によって女性でも飲みやすくなります。今回は、グランデーの飲み方、種類、おすすめ銘柄など、数百年の歴史を持つ蒸留酒の魅力に迫ります。

琥珀色のお酒「ブランデー」

ブランデーをお飲みになったことはありますか?最近は女性でもウィスキーが好きだという方が増えていますが、ブランデーを日常的に飲んでいらっしゃる方は、ほとんど聞きません。

ブランデーは、男性向きのお酒のようなイメージがありますが、果実酒を蒸留して作られるお酒なので、フルーティーなテイストを持っていて元になった果実酒の種類や製法によって、幅広いタイプがあります。スイーツにもたくさん使われているので、実は知らず知らずのうちに女性でもその風味をご存知の方も多いはず。

それでは、ブランデーの種類やおいしい飲み方について、まるごと詳しくご説明いたします。

そもそもブランデーとは

果実酒から作った蒸留酒

ブランデーは果実酒を蒸留して作られるお酒であり、果実酒には様々なフルーツが使われています。最も多くは白ブドウが使われていますが、他にもリンゴやサクランボ、洋ナシ、イチゴなどいろんなフルーツを原料としているブランデーもあります。

主に白ブドウのワインを蒸留して樽に入れ、長期間の熟成を待ちます。(熟成期間は5~8年、種類によっては25年以上熟成させるものも)。熟成させ過ぎたものは新しいものとブレンドして若返らせる場合もあります。

ブランデーの語源

ワインは有史以前から作られて来ましたが、ブランデーの歴史は比較的新しく、南仏アルマニャックでは15世紀ころ、今や世界に冠たるコニャックのブランデー造りは、フランスの中でも遅い方で、1番最初にコニャック地方でブランデーが企業により作られたのは1613年とされているようです。

ブランデーの語源は「焼いた(蒸留した)ワイン」という意味の「burnt wine」であり、ブランデーを世界に最初に広めたオランダの商品はブランデヴァイン(Brandewijn)と呼んでおり、後にイギリスで英語の訛りによってブランデーになったと言われています。

ちなみにフランスではブランデーと呼ばれることはあまりなく、オー・ド・ヴィー(命の水)と呼ばれています。日本においては明治時代の辞書に「葡萄地酒」と訳されています。

ブランデーとウィスキーは違う物?

原材料の違い

ブランデーとウィスキーの違いは何でしょうか?最も明確な違いは、原料の違いです。ウィスキーは穀類(大麦、ライ麦、トウモロコシ)を糖化・発酵・蒸留させ、木の樽で熟成を行ったお酒ですが、ブランデーは果物(白ブドウ、リンゴ、洋ナシ等々)を発酵・蒸留させたお酒です。

使用するフルーツの種類によってブランデーの呼び方や製造方法が変わってきます。ブドウ以外にも、アップルブランデーやチェリーブランデーなどもありますし、中にはぶどうの絞りかすを原料とした「グラッパ」や「マール」という種類のブランデーもあります。

原料以外にブランデーとウイスキーで違う所は「糖化」と「木製の樽」です。原料を発酵させるためには糖分が必要ですが、ブランデーの場合は果物に糖分が含まれているため糖化の必要がありません。ウイスキーの場合は原料が穀物なので、糖が含まれていないのために意図的に糖分を加えて糖化させる必要があります。

また、ウイスキーはどのウイスキーでも木製樽での熟成が必要ですが、ブランデーの場合は、コニャック・アルマニャック・カルヴァドス以外は木製樽を使用しないことがあります。木の香りを加えずに、素材であるフルーツの香りを活かしたい場合は木樽を使いません。

アルコール度数

同じ原材料を使ったお酒でも別の種類がありますね。例えばブドウを使ったお酒は、ワインとブランデーがあり、穀物を原料にしたお酒はビールとウイスキーがあります。同じ原料を使ったお酒でも、蒸留することによって水分が減るため、アルコール度数が極端に上昇します。

ワイン(アルコール度数は約14%)→ブランデー(アルコール度数は約40%)
ビール(アルコール度数は約5%)→ウイスキー(アルコール度数は約40%)


アルコール度数の変化だけでなく、味や香りも大きく変化します。
▼もっと詳しく知りたい人は!

ブランデーの種類

グレープブランデーとフルーツブランデーの違い

ブランデーは、原料や産地によって分けられますが、まず次の2つに大きく分けられます。

グレープブランデー
フルーツブランデー

これは、名前のとおり原料の違いによる分類です。ブドウを原料にしたものがグレープブランデーで、それ以外の果実を使ったものがフルーツブランデーです。

日本では「ブランデーにフルーツを漬け込んだお酒」をフルーツブランデーと呼ぶことがありますが、これはリキュールになりますのでここでは触れません。

コニャック

ブランデーの代名詞ともいえるのが、フランス産のコニャックです。知名度と人気が抜群に高く広く、知られています。フランスのコニャック地方で、定められた製法によって作られたブランデーがコニャックを名乗ることができます。コニャックの成功は、品質の高さに加えてボルドー北部の海に面した地理的な条件にあり、輸出の成功が大きいと言えます。

コニャックに使われるぶどうの品種はほとんどがユニブラン(別名サンテミリオン種)という品種です。単式蒸留を2回行い、フランス産のオーク樽による熟成を2年半以上行って製品化されます。これは「悪魔のお告げに従い、僧侶が2度の蒸留を試みた」という曰くつきのエピソードがあります。

コニャック地方は細かく6種類の地域に分かれており、それぞれでランクが異なり、ちょっとややこしいです。コニャックは、王侯貴族を始め今でも「社会的成功者の酒」というイメージは衰えておらず、ハイクラスなブランデーとしてますますその人気を高めています。

アルマニャック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【表参道】オニオングラタンスープ専門店「あわたまスタンド」

オニオングランスープなんてもうみんな大好きなスープじゃないですか。冬の寒いシーズンはスープであったまろう。そんなシーズンに新しいお店が表参道にできたみたいです♪週末、デートやお友達、家族と”オニグラ”スープを…

オーダーメイドで♩原宿『ジップザップ』の似顔絵ケーキがそっくり!

原宿に佇むカフェ『ジップザップ(ZIPZAP)』の無骨なおじさまパティシエによるデコレーションケーキがとてもかわいいと評判なんです。リクエストに忠実に応えてくれるので、送った人も受け取った人も喜ぶこと間違いな…

【東京】チョコレート専門店カフェ8選

東京に出店している世界の有名チョコレート専門店のカフェをまとめました。

恵比寿の人気「餃子屋」11選!安いうまいのおすすめ店をチェック

恵比寿エリアは知る人ぞ知る餃子の激戦区。そんな人気エリアの「えびす」で食べたくなったらさくっと行ける、安くてウマイ、おすすめのお店をまとめました。ランチ、テイクアウト、食べ放題に対応したお店を一気に11店舗ご…

食べ放題も個室もランチにだって!新宿で人気の焼き肉店15選

有名店の焼き肉屋が集まる街、新宿。今回その中でもおすすめ店を厳選してご紹介します!デートにぴったりな個室のあるお店やお腹いっぱい楽しめる安いお店まで、シーン別に選べるお店を豊富に揃えました。ディナーはもちろん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

本当にあった世界の信じられない自動販売機『10選』

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

布巾だけじゃない!キッチンタオルの上手な使い方7選

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

意外な食材とマッチ!生ハムのおいしい食べ方&簡単アレンジレシピ12選

サンドイッチやサラダ、ワインのおつまみにも人気の生ハム。みなさんは生ハムの食べ方どうしていますか?クラッカーにのせたシンプルな食べ方ももちろんおいしいのですが、もっとおいしく、しかも簡単な生ハムの食べ方はまだ…

【種類別】シェリー酒とは?飲み方・おすすめ銘柄をフードアナリストが解説!

日本ではなじみが薄いシェリー酒。シェリー酒は甘口から辛口まで様々なタイプがあり、食前や食後酒だけでなくデザートと共に味わう方法など、飲み方は多様です。そんなシェリー酒について、タイプ別に詳しい説明と味わい方、…

プロ級!唐揚げのベストな揚げ時間&揚げ方【おすすめレシピ付】

食卓に登場することが多い唐揚げ。サクッとジューシーに仕上げる揚げ時間って、どのくらいがベストなのでしょうか?今回は、おいしく唐揚げを仕上げる揚げ時間や、揚げ方のコツをおつたえします。おすすめレシピもご紹介しま…

ページTOPに戻る