ライター : yucchi

24歳のお料理ライター。なんだかしんどいときや忙しいときでも作ってみようと思えるような「シンプルな材料で簡単においしく」を叶えるレシピを発信していきます。

ニューヨークでおかゆがブームの予感!

海外では植物性食品である野菜・果物・豆類などを中心とした食生活を送る“ベジタリアン”や“ヴィーガンフード”に注目が集まっています。 そんな植物性食品の中でも、いま大注目されているのがニューヨークスタイルの「コンジー(おかゆ)」です!消化がよく、体を温めてくれるおかゆは日本でもなじみのある食べ物ですが、海外ではどのように作っているのでしょうか?健康ブームに先駆けて、とっても気になる「コンジー」についてご紹介します♩

新感覚おかゆ「コンジー」って?

日本でよく見かけるシンプルなおかゆと比べて、コンジーの見た目はとても華やかで具だくさん。自分の好きな野菜や豆などをたっぷり入れて作ることができるので、体に優しいだけでなく食べごたえもしっかりとあるおかゆなんです!
コンジーは普通のおかゆと違ってココナッツミルクが入っているので、味わいがとってもクリーミーなのが特徴です。お湯ではなくミルクを使うことで腹持ちがよくなるので、ダイエット時の朝食にもおすすめですよ!
海外のコンジーはフルーツやナッツ、キヌアなどを入れることもあります!ミルクベースの味付けなので、甘いフルーツとの相性も抜群なんです。果物はビタミンが豊富なので、積極的に取り入れている方が多いようです♩
コンジーはココナッツミルクを煮て作るので、体を芯から温めてくれます。それだけでなく、ココナッツミルクにはミネラルであるカリウムが豊富に含まれているため、むくみの予防に効果があるといわれています。女性にうれしい成分がたっぷりと入っていて、おいしく食べられるコンジーはいいことづくしですよね♩

自宅でもできるコンジーの作り方♩

健康にとてもいいコンジーは、作り方もとっても簡単なんです!忙しい人でもすぐに作ることができる、朝食にぴったりのレシピをご紹介します♩

材料

・ココナッツミルク ・ご飯 ・砂糖 ・水 ・お好みのフルーツやナッツ

作り方

1. 鍋に水とご飯を入れ、少しやわらかくなるまで煮る 2. やわらかくなったら、ココナッツミルクと砂糖を入れてさらに煮る 3. 仕上げにお好みのフルーツやナッツを乗せたら完成!

コンジーはアレンジレシピも豊富!

1. ピーナッツバターを乗せて

海外ではコンジーにフルーツを乗せるだけでなく、チョコレートやピーナッツバターを乗せて食べる人も多いようです。忙しくてフルーツを切る時間がないという方はチョコレートを少し割って入れるだけで、スイーツのようにおいしくなりますよ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS