赤味噌

赤味噌の、大さじ1杯あたりのカロリーは33kcal、塩分は2.3gです。(※2)熟成を経ているために、コクがあり香りが強いことが特徴。コクや濃いめの味が好きな方は、赤味噌を使ってみるといいでしょう。

合わせ味噌

合わせ味噌の、大さじ1杯あたりのカロリーは35kcal、塩分は2.2gです。(※3)合わせ味噌は名前の通り、赤味噌と白味噌を混ぜ合わせたもの。また、米味噌・豆味噌・麦味噌のなかで、2種類以上を合わせたものを合わせ味噌と呼ぶこともあるようです。

麦味噌

麦味噌の、大さじ1杯あたりのカロリーは36kcal、塩分は1.9gです。(※4)九州全域・山口県・愛媛県で主に消費されている味噌で、麦麹が使われていて塩分が低く、香りも甘みも強いことが特徴。関東などで作られている麦味噌は、塩分が少し高めなのだとか。

豆味噌

豆味噌の、大さじ1杯あたりのカロリーは39kcal、塩分は2.0gです。(※5)日本のなかでも愛知県・岐阜県・三重県を中心に親しまれている味噌で、主に大豆と塩で作られ、味は渋みがあって濃厚。焼肉のタレなど、調合用の味噌としても利用されます。

味噌料理に使う味噌の量はどれくらい?

味噌汁は大さじ3〜4杯

一般的な味噌汁に使う味噌の量は、4人分(800ml分)で大さじ3〜4杯が目安です。具材の風味が濃いのか淡いのか、出汁は何を使うのかなど、作り方によって分量は前後するので、覚えておきましょう。

もつ煮込みは大さじ4〜6杯

Photo by macaroni

一般的なもつ煮込みに使う味噌の量は、4人分(水800ml)で大さじ4〜6杯が目安です。さまざまな食材を使うもつ煮込みは、一気に作ることが多いですよね。そのため、一度に使う味噌の量も多めです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ