茶筒チーズケーキも!京都「開化堂カフェ」で老舗茶筒店のこだわりを体感♪

京都にある明治8年創業の老舗茶筒店、「開化堂」プロデュースのカフェがおしゃれすぎると話題になっています。店内には職人の技が光る、こだわりの逸品揃い。どんなメニューがあるのか、「開花堂カフェ」について詳しくご紹介しますね。

明治創業!老舗道具店のカフェ

開化堂は、明治時代から続く老舗の手作り茶筒店です。世代を超えて使用される茶筒として、京都では古くから愛されてきました。今回ご紹介するのは、そんな京都で有名な開化堂のカフェ。

内装や構造、食器など、随所にこだわりがつまっていて、ドリンクやフードもとてもていねいに作られています。その魅力をたっぷりとご紹介しましょう。

京都「開化堂カフェ」

日本で一番古い歴史をもつ茶筒の老舗、開化堂。創業からおなじ製法で、130以上もの工程をで製造しています。開化堂の茶筒は、美しい絹に似た手触りと光沢が特徴。使うほどに深みがましてくるそうです。フタを茶筒の口に合わせると、自然にすーっとしまる精密さに職人の技が感じられます。
そんな開化堂のカフェがあるのは、河原町七条にある開化堂から5分くらい南に行ったところ。最寄り駅の七条駅からは約320mです。

建物はとても古く趣のある造りになっていて、市電の車庫兼事務所をリノベーションしてあります。
店内はモダンな洋風の造りですが、家具にはぬくもりのある木が使われていれいて、京都の街になじむ落ち着いた空間になっています。開化堂の商品である、美しい茶筒のディスプレイもあり、ギャラリーのような雰囲気のカフェです。
中庭にはテラス席があり、デンマークの家具ブランド「ヘイ(HAY)」の、パリスシェイドコレクション(Palissade Collection)が並べられています。天気のよい日には、ここでお茶するのもいいですね。

調度品にも、店のメニューにも、職人のこだわりが詰まったものばかり取り揃えられていて、外国人観光客にも人気なのだそうです。

茶筒モチーフのチーズケーキが人気!

開化堂のメニューは、すべてこだわりぬかれた逸品ぞろいなのですが、なかでも一番人気なのは那須高原「チーズガーデン」に特注したチーズケーキです。茶筒の形をモチーフにしていて、シンプルで上質な見た目になっています。
木製プレートは、京指物の「中川木工芸」によるオリジナル商品が使われています。伝統的な美しいプレートでおいしいチーズケーキをいただけるなんて贅沢ですね。
実際に食べた人の感想を見てみると、「シンプルなのにおいしい」「甘みと酸味のバランスが絶妙」「ふわふわで最高」など、大絶賛するものばかりです。
「香ばしいグラハムクッキーが、ふわふわのレアチーズにぴったり」「とろけるようになめらか」「三層になっていてきれい」など、丁寧に作られたチーズケーキであることが伺えるコメントが、ネット上に多数寄せられています。

こだわりのメニューはほかにも

ハナカゴ3種

特集

SPECIAL CONTENTS