究極のむちむちTKG!大阪「熊の焼鳥」がインスタを席巻!

大阪天神橋には「熊の焼鳥」という最強のTKGを提供してくれる会員制の焼鳥屋が存在します。焼鳥屋さんでなぜ会員制?最強のTKGとは??今回は「熊の焼鳥」の人気の秘密、超希少な絶品メニューや入会方法などをご紹介いたします!

2018年9月11日 更新

究極のTKGが会員制の焼き鳥屋にあった!

卵かけご飯の頭文字をとった言葉「TKG」。現在は、TKG専門店も現れるほど注目される料理となりましたね。さまざまなトッピングをくわえたものもおいしいですが、"新鮮な卵と醤油だけでうまい"というシンプルなTKGこそ、究極と呼べるのではないでしょうか?

そんな究極のTKG、大阪で見つけました!そのお店は、3ヶ月で会員が3000人も増えたという会員制の焼鳥屋さん「熊の焼鳥」。箸でつついても割れない新鮮すぎる卵黄とは?今回は、「熊の焼鳥」で食べられる数量限定TKGの魅力をお届けいたします。

大阪天神橋「熊の焼鳥」

究極のTKGが食べられる「熊の焼鳥」さんのお店外観はこちら。会員制とだけあって看板も出しておらず、かなりわかりづらい入口となっています。目印は、ドア上に置いてある熊の置物のみ。

入口はわかりづらいですが、お店へのアクセスは良好です。地下鉄天神橋筋六丁目駅から徒歩1分のレンガ通りに並んでいます。地下鉄谷町線1番出口から出れば、徒歩30秒でお店に到着。ちなみに、大阪駅からはタクシーを使うと約ワンメーターとなるようです。
ビターカラーの木材を基調に建設された店内は、高級感がありつつも落ち着いた空間となっています。座席数は全15席。広々としたカウンター11席と、4~6人で利用できる半個室のテーブル席が1席あります。20名以下であればお店の貸切も可能です(要予約)。

お店のこだわり

看板メニューでもある焼鳥は、店主の腕があるからこそなせるプロの味。「熊の焼鳥」の鶏肉は、特に高級ではない国内産のブロイラーを使用しているんです。そんな鶏肉をおいしく提供する1番のポイントが、豊かな経験から培った焼き方です。紀州の備長炭の煙でじっくりと燻し焼きされた焼鳥は、「たかがブロイラー」と呟く食通の舌をも唸らせています。

お店を会員制にした理由

関西初の会員制焼鳥屋として有名になった「熊の焼鳥」ですが、オープン当初は誰でも利用できる普通の居酒屋さんでした。しかしその3ヶ月後には、若いうちから修行を重ねてきた店主の腕が評価され、予約が取れないほどの人気店になります。

予約待ちが続くお店となり、同時に気軽に予約のドタキャンをするお客さんも増えていきます。そのようなことから、現在の会員制という形をとったのだそうです。会員制へと形を変えても予約が絶えない「熊の焼鳥」。さっそく、そんな人気店で提供しているTKGをチェックしてみましょう!
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

茂山 夏子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう