店舗情報

■店舗名:MAGIC SPICE TOKYO ■最寄駅:下北沢駅 ■住所:東京都世田谷区北沢1-40-15 北沢ゴルフマンション 1F ■電話番号:03-5454-8801 ■営業時間: [平日] 11:30~15:00、17:30~23:00 [土日祝] 11:30~23:00 ■定休日:火曜日、水曜日 ■公式HP:http://www.magicspice.net/

2.お茶ノ水「エチオピア」

「エチオピア」は、ちょっぴりレトロな佇まいがかわいらしいお店です。神保町駅からは徒歩3分ほどで到着することができますよ。赤い看板を目印に、お店を探してみてくださいね。

100倍チキンカリー

こちらの激辛メニューは「100倍チキンカリー」です!ちなみに辛さのレベルですが、「10倍」でいわゆる「大辛」くらいの辛さだそう。その10倍となると……想像もつきませんね。ぜひご自分の舌で確かめてみてください!
「チキンカリー」は、大きめのチキンがごろごろと入った、こちらのお店の看板メニューです。一度食べたらやみつきになってしまう方も少なくないのだそう。女性には、お野菜たっぷりの「野菜カリー」(930円)も人気です。

店舗情報

■店舗名:カリーライス専門店エチオピア 本店 ■最寄駅:神保町駅 ■住所:東京都千代田区神田小川町3-10-6 ■電話番号:03-3295-4310 ■営業時間: [月~土] 11:00~22:30 [日・祝] 11:00~21:00 ■定休日:なし ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000638/ ■公式HP:http://www.ethiopia-curry.com/

3.原宿「シャンティ」

シヴァ神と思われるシルエットが、カレーとフォークを持っている看板が印象的な「シャンティ」。明治神宮前駅から徒歩6分ほどのところにあります。人気店により売り切れもありうるので、絶対に食べたい方は来店前に電話で確認してくださいね。

150ボーガのスープカレー

カレー代+1,500円

「ボーガ」は、こちらのお店でのカレーの辛さを表す単位です。150ボーガだとプラス1,500円になるので、例えば写真の「エッグと野菜のスープカレー」(890円)を150ボーガの辛さにすると、2,390円のカレーになります。
ちなみに15ボーガで「脳内麻薬のエンドルフィンが大暴走するほどの辛さ」だそう。40ボーガでは「間違いなく体に悪い」と公式サイトに説明文が書かれるほど……。腕に自信のある方のみ、150ボーガに挑戦してくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ