水気をしっかり拭き取る

鉄フライパンに水分が残っていると錆びの原因となります。使用後は必ずしっかりと水分を拭き取るか、火にかけて水分を蒸発させてから片づけるようにしてください。また錆び防止のために他のフライパンと重ねて片づけるよりも、風通しをよくするために吊り下げて保管しておけるのであれば理想です。

自分にぴったりのフライパンを選ぼう

サイズ

3~4人分の料理を作るのであれば、外径26㎝のフライパンで十分です。あまり大きいサイズだと重くなりますので、女性には使いづらくなってしまうかもしれませんね。ご自分に合ったサイズのフライパンを探してみてくださいね。

程よい深さのあるもの

少し小さめのフライパンにしても、多少深さのあるものであれば、いろんな料理に活用できますし、料理の量も増やすことが出来ます。 浅いタイプのフライパンも用途によっては良いですが、まず一つ目の鉄フライパンの購入を検討されているのなら、程よい深さのあるものをおすすめします。

持ちやすい取手

鉄製のフライパンの取手は鉄製のものが多いようです。鉄製の取っ手は、焦げて劣化することはないものの、熱くなりやすいため、ミトンかフキンが必ず必要です。 中には木製の取っ手のものも販売されているそうです。木製の取手だと熱くならないのはもちろんのこと、手触りがよくて、別売りパーツにて補修することも可能なようです。
▼せっかくだから「アルミフライパン」の手入れ方法も!

鉄フライパンを上手で手入れで一生使う

鉄製のフライパンはきちんと手入れをして正しく使えば、焦げ付かずに調理できます。また、テフロン加工よりも何倍も長持ちする、とても優れたフライパンです。 今までテフロン製のフライパンしか使ったことのない方も、次に買い足すならば鉄フライパン!という風に鉄製のものが欲しくなったのではないでしょうか。 洗剤洗いをしなくて済むことからも、使えば使い込むほど手入れも楽になっていきますし、一生使えるなんてとても素敵なことではないでしょうか。次にフライパンを購入する際は、ぜひ鉄製のものを検討されてみてくださいね。
▼調理器具を大切に!そのほかのお手入れ方法はこちらもチェック!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS