本物級に美しい♩岩手限定「椿クレープ」のおいしさに遠征する人続出⁉︎

岩手県大船渡でしか食べることのできないちっちゃなクレープ屋さんの「椿クレープ」。地元食材をふんだんに使った、かわいすぎる絶品スイーツで、Twitterやインスタで話題になっています。中にはどんなものが入っていて、どこで買えるのでしょうか。

2017年11月29日 更新

平泉クレープ

平泉クレープというのは、なんと藤原三代の福だるまが3人ものっかっているクレープです。平泉のシンボル、中尊寺金色堂を表現したケーキを背景に、清衡、基衡、秀衡が並び、ホイップクリームとミントの葉が添えられています。 世界遺産登録を記念して販売されたもので、値段は500円です。

店舗情報

■店舗名:ちっちゃなクレープ屋さん ■最寄駅:JR三陸鉄道「盛駅」 ■住所:岩手県大船渡市盛町町11-8 ■電話番号:090-8780-4744 ■営業時間: [平日] 11:00~18:00 [土・日] 11:00~19:00 ■定休日:火曜不定休 ■公式HP:http://crapeya.web.fc2.com/index.html

隣県の秋田「ババヘラ」も気になる

ババヘラは、かわいらしいチューリップやバラの花の形をした、秋田県ならではのアイスクリーム。黄色とピンクのアイスを秋田県名物の、路上販売のアイスクリームです。おばあちゃん(ババ)がヘラで盛りつけるアイスだから、「ババヘラ」と呼ばれています。 国道沿いやイベント会場など人が多く集まるところに出ていて、黄色とピンクのパラソルと大きなアイスの缶が目印です。

店舗情報

■店舗名:ババヘラアイス (進藤冷菓) ■住所:秋田県男鹿市角間崎字下屋長根1-3 ■電話番号:0185-46-2066 ■公式HP:http://www.babahera.net/

椿クレープを食べに行こう♩

椿クレープって、ほんとうにキュートですよね。あの可憐な花びらクレープの中に、ふわふわのクリームとさわやかなリンゴが入っているなんて、想像しただけでも食べたくなっちゃいます。 けれど、残念ながら椿クレープを食べられる期間はあとわずか。とはいえ、碁石椿館でも、2017年2月12日、2月19日、3月5日、3月19日に出張販売するそうです。大船渡の椿まつりなどの岩手県観光がてら、一度食べに出かけてみてはいかがでしょうか?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS