本物級に美しい♩岩手限定「椿クレープ」のおいしさに遠征する人続出⁉︎

岩手県大船渡でしか食べることのできないちっちゃなクレープ屋さんの「椿クレープ」。地元食材をふんだんに使った、かわいすぎる絶品スイーツで、Twitterやインスタで話題になっています。中にはどんなものが入っていて、どこで買えるのでしょうか。

2017年11月29日 更新

大船渡「ちっちゃなクレープ屋さん」

大船戸にある「ちっちゃなクレープ屋さん」は、JR三陸鉄道「盛駅」から徒歩5分のところに位置します。

東日本大震災・津波の影響でしばらくお店をクローズしていた時期もありましたが、今ではすっかり通常営業に戻ったようです。古くから通っている地元のファンや、復興を応援する遠方からのファンも多いのだとか。
店内は客席6席というこぢんまりした雰囲気。大きな黒板が掲げられていて、約50種類ものなクレープのメニューが手書きされています。そのわきには、かわいらしいどうぶつや乗りものをモチーフにした木のスプーンも販売。

第1、第3水曜日には手作り作家さんの雑貨が並ぶ「ちっちゃな手作り市」を開催しています。ほかではあまり手に入らない、めずらしいリトルプレスの本も常時販売しています。

名物クレープはほかにも!

三鉄クレープ

三鉄クレープ(380円)は、売り上げのうち30円を三陸鉄道に寄付しているという、三鉄を応援するためのクレープです。イチゴとブルーベリーのジャムとアイスクリームが入っていて、上には手作りのウミネコチョコレートがのっています。

三鉄カラーの鮮やかなオーシャンブルーの包みには、三陸鉄道の列車のイラストが3種類。電車好きの男の子にもよろこばれそうですね。

平泉クレープ

平泉クレープというのは、なんと藤原三代の福だるまが3人ものっかっているクレープです。平泉のシンボル、中尊寺金色堂を表現したケーキを背景に、清衡、基衡、秀衡が並び、ホイップクリームとミントの葉が添えられています。

世界遺産登録を記念して販売されたもので、値段は500円です。

店舗情報

■店舗名:ちっちゃなクレープ屋さん
■最寄駅:JR三陸鉄道「盛駅」
■住所:岩手県大船渡市盛町町11-8
■電話番号:090-8780-4744
■営業時間:
[平日] 11:00~18:00
[土・日] 11:00~19:00
■定休日:火曜不定休
■公式HP:http://crapeya.web.fc2.com/index.html
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう