進化系立ち食いそば♩麹町「そばうさ」の『バジル冷そば』が女子ウケ120%!

麹町にある「そばうさ」というお店の「バジル冷そば」がいま話題になっています。そばとバジルの組み合わせなんてあまり想像がつきませんが、これがとってもおいしいとちょっとしたブームになっているそうです。一体どんなそばなのか徹底調査してみました。

新スタイル!「そばうさ」が話題

フジテレビで日曜の13:30から放送されている「KinKi Kidsのブンブブーン」。毎回ゲストを呼んで、いろいろなことを体験したり、おすすめのお店などを紹介している番組です。そして先日の放送で取り上げられたことによりちょっとした話題となっているのが「そばうさ」というお店。みなさんこちらの店名、聞いたことはありますか?

東京・麹町にある人気の蕎麦店なのですが、こちらのお店の「バジル冷そば」が絶品と言われており、蕎麦通も足繁く通うほどと言われています。それほどまでに人気のお店と言うからには、ぜひチェックしておきたいですよね。今日は「そばうさ」のおすすめメニューやお店の場所などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

立ち食いそば屋「そばうさ」が人気に

半蔵門駅から徒歩3~4分の路地裏に位置しており、新宿通りから1本入った通り沿いにお店を構えています。場所はややわかりにくいようですが、表通りにも看板が出ているそうなのでそちらを目印にしましょう。白い建物でアメリカンなカフェ風の佇まいとなっており、店名の「うさ」は「USA」に由来しているそうです。
店内は明るく開放的な空間で、白と木目を基調とした内装になっています。いたるところにおしゃれな絵画やポスターが飾られていて、お蕎麦屋さんとは思えぬ雰囲気のお店です。スタイリッシュなインテリアとは裏腹に、実はこちらのお店は立ち食いスタイルのお蕎麦屋さん。混み合っていても割と回転率がいいのもポイントです。

「そばうさ」の人気メニュー「バジル冷そば」

こちらが噂の「バジル冷そば」です。つけそばタイプになっており、バジルをたっぷりと使用したつけ汁はかつおだしとの相性も抜群。麺は太めでコシがあり、つけ汁によく絡みます。短冊の炙りベーコン、半熟スクランブルエッグ、細切りレタス、白ゴマ、レモンがトッピングされており、さっぱりとしていてやみつきになる味わいです。

価格は一杯850円となっており、「バジル冷そば」に限らず、プラス100円でどのそばも大盛にできるそうですよ。
お店自慢の平打ち麺がこれまた絶品と大好評。まずはそのままの状態でひと口、次につけ汁をつけていただいて、最後にレモンを絞ってさっぱり感をプラスするのがおすすめの食べ方だそうです。Twitterでも「食べてみたい!」という声が多数寄せられています。

温かいバジルそばもあります

温かいバジルそばもご用意されているらしく、これからの季節でしたらそちらをいただくのもおすすめです。価格は冷たいバジルそばと同じく850円だとか。

ほかにもこんなメニューが人気

「バジル冷そば」が看板メニューとなっていますが、ほかにもおいしそうなそばがたくさんラインナップしています。その一部をご紹介しましょう。

スタミナ冷そば

人気メニューのひとつでもある「スタミナ冷そば」をご紹介。そばの上には肉とごまがトッピングされており、さらにそれらが隠れてしまうほど大量の海苔がてんこ盛りになっています。つけ汁にはガパオ風のひき肉が入っており、麺との相性も抜群です。

スタミナ牛すじ冷そば

「スタミナ冷そば」の牛すじバージョンがこちらです。甘辛く味つけされた牛すじはやわらかく煮込まれており、お口の中でほろほろにとろけます。ネギやごまがたっぷりと入ったつけ汁をたっぷりと絡めていただきましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS