6. クリームをサンドしても

クリームをサンドすればよりボリュームが出てケーキらしい仕上がりに。こちらの画像はドイツの伝統的なケーキ「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(黒い森のサクランボケーキ)」をイメージして作られているそうですよ。なんだか童話の世界から抜け出してきたかのような、とってもかわいいケーキですね。

7. 四角く作ってパーティーに

ホームパーティーにはフリーカットで食べられる四角いパブロバはいかがでしょう?カッティングボードに乗せて出せば、その華やかさにきっと歓声が上がりますよ。お好みでチョコレートソースやカラメルソースをかけてもおいしそうですね。

8. 夏にはサッパリ系フルーツで

夏はやはりサッパリとしたフルーツが食べたいですよね。パッションフルーツやオレンジなど酸味のあるフルーツをトッピングすれば、夏場でも食べやすいサッパリ系のデザートに大変身。ソースは食べる直前まで冷蔵庫でキンキンに冷やしておくと、よりサッパリいただけますよ。

9. セルフトッピングで食べやすく

すぐに湿気ってしまうのが難点なパブロバ。デコレーションせずに提供するセルフトッピングスタイルなら、そんな心配ももういりません。クリームやソースを直前にかけられるので、いつでもできたてがいただけますよ。余ったパブロバは乾燥材入りの密閉袋で保存してくださいね。

10. モンブラン風に仕上げても

こちらはなんと、定番ケーキであるモンブランをパブロバで見事に再現!確かにメレンゲが土台になっているモンブランも存在しますが、その発想はなかったですよね。パブロバ好きにもモンブラン好きにもたまらない、新しいスイーツです。

「世界一の朝食」で有名なビルズでも食べられる!

「作るのはちょっと……」という方はお店で召し上がってみてはいかがでしょうか?あの「世界一の朝食」で有名な「ビルズ(bills)」でもパブロバがいただけるようですよ。二子玉川にあるこちらの店舗では、ランチとディナーでパブロバがご注文できます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ