混ぜて焼くだけ♩スッと溶ける新食感「パブロバ」がこの冬ブームの予感

海外の人気スイーツ「パブロバ」をお家で作ってみませんか?簡単に作れるのに低カロリー、さらにとってもキュートという女子にぴったりなスイーツなんですよ。今回は基本の作り方から真似したくなるアイデアまで詳しくご紹介いたします。

2018年10月16日 更新

ライター : milkpop

栄養士 / 製菓衛生師

「読み物として楽しい記事」をモットーに、情報を正確におもしろくお伝えできるよう日々研究中です。「食」の楽しさやおいしさが、たくさんの人に伝わりますように!

オーストラリア発「パブロバ」が気になる

みなさん、ケーキはお好きですか?もちろん好きだけど、太るのが心配……という方も多いのではないでしょうか。食べても太らないケーキはありませんが、バターも小麦粉も使わないカロリー控えめなケーキが海外から上陸しているようですよ。なんでもフワッと軽くて真っ白なスイーツなのだとか。一体どんなケーキなのでしょうか?

女子にうれしいスイーツ「パブロバ」

こちらがそんな低カロリーケーキ「パブロバ」。オーストラリア、またはニュージーランドが発祥といわれている現地では定番のスイーツです。主に卵白とお砂糖、そしてトッピングのフルーツとクリームで作られており、外はサクッなかはフワッとした軽い食感と口のなかでスッととける儚さが人気の秘密のようですよ。 トッピングはお好みのフルーツでOKですが、ベリーやかんきつ類を乗せればお肌にうれしいビタミンもばっちり。カロリー控えめでお肌にもいいなんて、まさに女子にぴったりなスイーツですね。

型を使わず気軽に作れる!

繊細で作るのが難しそうにみえるパブロバですが、実は「泡立てる・焼く・トッピングする」だけと作り方はとってもシンプル。型も使わないので、お菓子作りの器具をあまりお持ちでない方でも気軽に作ることができますよ。まずは基本的な作り方をご紹介しますね。

パブロバの基本の作り方

材料

・卵白……2個分 ・塩……ひとつまみ ・グラニュー糖……120g ・レモン汁……小さじ1/2 ・コーンスターチ……小さじ1 <トッピング> ・生クリーム……100g ・グラニュー糖……小さじ1/2 ・お好みの果物……適量

作り方

1. 卵白に塩を入れ、軽く角が立つまで泡立てましょう。 2. グラニュー糖を3回に分けて入れつつ泡立て、しっかりとしたメレンゲを作ります。 3. ピンと角が立つようになったら、レモン汁とコーンスターチを加えて混ぜ合わせましょう。 4. しっかり混ざったら星口金をセットした絞り袋に入れ、オーブンシートを敷いた鉄板の上に直径8cm程度の丸型に2段になるよう絞ります。 5. 140度のオーブンで40分焼き、そのままオーブン内で冷ましましょう。 6. 完全に冷めたら取り出し、グラニュー糖を入れてホイップしたクリームとお好みの果物でデコレーションしたら完成です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS