ついに幻の羊羹を入手!吉祥寺「小ざさ」の行列に並んでみた

行列に並ばないと手に入れられない「幻の羊羹」を知っていますか?創業65年の老舗和菓子屋「小ざさ」の羊羹を手に入れるまでの行列体験記をご紹介します!もう一つの人気商品、最中も絶品!さぁ、行列覚悟でいざ吉祥寺へ向かいます。

2017年12月18日 更新

6:00 15人目のお客さんがベンツで登場

5:30〜6:00の間に、パラパラとお客さんが増えました。始発電車で来る人、ご近所から自転車で来る人が多いようです。そんな中、なんと1名ベンツで颯爽と登場!見慣れた光景のようで、みなさん静かに見守っていました。

羊羹行列は憩いの場

番号札を待つ時間はツライように思えますが、みなさん思い思いに楽しんでいます。コート、ひざ掛けで全身もこもこに包まれて眠る人。静かに本を読む人。スマホゲームに没頭する人。中でも多く見られたのは、お客さん同士でおしゃべりする姿
常連さん同士はもちろん、初めて訪れた人も「誰に贈るの?」「何時に来たの?」と、穏やかにお話を楽しんでいます。毎朝羊羹の列に並ぶご高齢の常連さん達は、この情報交換の時間を楽しんでいるそうです。もちろん、ぐっすり眠って待つのもOKですよ!

常連さんのやさしさに触れる

手のひらにのった小ぶりなみかん

Photo by でぐでぐ

「ビタミン取れよ!」とみかんをくれたのは、軽妙なトークで奥様方の爆笑をさらうおじさん。「寒くない?」とカイロをくれた人も。お店の周りのゴミを片付ける人もいたりと、親切でマナーを守る人ばかりでした。大声で騒がず、お店のシャッターには寄りかからず、ゴミは持ち帰り……お行儀よく待ちましょう

6:30 30人目のお客さん到着

始発電車が走り出してから、1分間に1人のペースでお客さんが到着しています。しかし、これでもペースが遅い方なんだとか。土日祝日はもっと多くのお客さんが訪れて、6:00までには50人に達してしまうことも
さらに、お盆やお正月休みなどの帰省ラッシュ前は特に混むそうで、始発電車で行っても買えない日もあるそうです。並ばないと買えないめずらしい羊羹。地元で待つ家族やお友達に贈る人が多いんですね。毎日のように「小ざさ」へ通って、被災地で配っているという方もいらっしゃいました。
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

でぐでぐ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう