体の内側からケア!「シミに効く食べ物」で美白肌を目指そう

紫外線をたっぷり浴び、放っておくとできてしまうシミ。そうならないためにも、日頃からシミに効く食べ物を摂り、体の内側からケアしていくことが効果的です。ここでは、シミ対策に有効な食べ物を紹介します。積極的に食べて、美肌を目指してくださいね。

お肌の大敵「シミ」

シミのないキレイな肌を目指すには、日頃のスキンケアが欠かせませんよね。顔を洗ったあとの化粧水であったり、保湿であったり、外側からさまざまなケアをしているという人は少なくないはず。

しかし、内側から美肌をサポートするのも大切なんです。それはつまり、シミ対策に効果的な栄養素を積極的に摂るということ。今回は、どんな栄養素がシミに効くのか、また、それらの栄養を含んだ食べ物をご紹介します。

シミに効果的とされる栄養素

ビタミンC

ビタミンCには、チロシンという成分が、シミの原因となるメラニンに変化するのを抑制する効果があります。また、すでに黒く沈着してしまったメラニンに対しても、抗酸化作用により色を薄める作用が分かっています。(※1)

つまり、対策だけでなく、すでにできてしまったシミにも効果が期待できるということですね。

ビタミンE

ビタミンEの特徴は、強い抗酸化作用。ビタミンEを積極的に摂取することで、紫外線をはじめとするさまざまな刺激から肌を守り、シミの対策につながります。また、細胞の酸化(老化)を防ぐ作用もあるので、アンチエイジングにも効果的ですよ。(※2)

食物繊維

不溶性の食物繊維には、便のカサを増やして腸内を刺激し、排便を促す作用があります。また、水溶性・不溶性ともに、食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える効果が期待できます。(※3)

直接肌に作用するわけではありませんが、食物繊維の働きは毒素が体内に溜まるのを抑制することにつながるので、シミや肌荒れの対策に役立ちます。

要チェック!シミに効く食べ物5選

1. トマト

健康・美容に欠かせない、栄養素の宝庫とも言えるトマト。1個(165g)あたりに、ビタミンCが25mg、ビタミンEが1.8mg、食物繊維が1.7g含まれています。(※4)

また、トマトに代表される栄養素である「リコピン」には、メラニンの生成を抑制する作用があります。この作用は、ビタミンEと同時に摂取することで、より高まることが分かっているんですよ。(※5)

2. ブロッコリー

ブロッコリーひと株(125g)には、ビタミンCが150mg、ビタミンEが3.6mg、食物繊維が5.5g含まれています。(※6)そのほか、赤血球の生成に関わる葉酸や、むくみ対策につながるカリウムなど、さまざまなビタミン・ミネラルをバランス良く持ち合わせています。

3. ほうれん草

ほうれん草ひと束(270g)には、ビタミンCが95mg、ビタミンEが6.2mg、食物繊維が7.6g含まれています。(※7)

貧血対策に欠かせない鉄分が豊富なことはよく知られていますが、実は、抗酸化作用のあるビタミンAもたっぷり含んでいます。ひと束食べるのはむずかしいですが、加熱することである程度カサが減るので、スープや炒め物にして食べるのがおすすめです。

4. かぼちゃ

かぼちゃ1/4カット分(263g)には、ビタミンCが110mg、ビタミンEが16.6mg、食物繊維が9.2g含まれています。(※8)そのほかさまざまなビタミンを持っているかぼちゃは、甘みのある味わいが特徴なので、スイーツ作りにも使える点がいいですね。

5. 玄米(発芽玄米)

特集

SPECIAL CONTENTS