体の内側からケア!「シミに効く食べ物」で美白肌を取り戻す

紫外線をたっぷり浴び、放っておくとできてしまうシミ。できてしまったシミには、シミに効く栄養素を摂り、身体の内側からケアしていくのが効果的です。ここではシミ対策に有効な食べ物を紹介します。積極的に食べてシミの無い美肌を目指してくださいね。

シミに効く食べ物って知ってる?

シミができる前は、UVケアや化粧品などで予防をすることはできますが、一度シミができてしまうと、外側からのケアだけではなかなか消えません。できてしまったシミには、改善に効果的な栄養素をたくさん含んだ食べ物を摂り、内側からケアしていくことが大事なのです。
そして、シミの原因となる紫外線の量が少なくなる冬は、シミ対策の時期として絶好のチャンス。ここでは、できてしまったシミに効く栄養素を含んだ食べ物を紹介するので、この機会に積極的に摂取して、ぜひシミの無い肌美人を目指してくださいね!

シミに効く食べ物にはどんなものがある?

美肌作りには欠かせない栄養素に、まずビタミンCが挙げられます。他にも、ビタミンEやビタミンA、リコピンなどもシミ対策に効果があります。また、シミの原因になるメラニンの生成を防ぐには、抗酸化作用のある成分が多く含まれている食べ物を摂取するのが効果的です。以下、これらの栄養素が多く含まれる代表的な食べ物を紹介します。

トマト

健康・美容に欠かせない栄養素の宝庫とも言えるトマト。ビタミンCはもちろん、抗酸化作用の高いビタミンEやリコピンも多く含まれています。積極的に摂取したい食材です。

にんじん

にんじんの代表的な栄養素であるβカロテンには、皮膚や粘膜を正常に保つ作用があります。また、老化の原因となる活性酸素を抑える効果があります。

ブロッコリー

ビタミンCの含有量はレモン果汁100gあたり50mgの含有量に対して、ブロッコリーは同重量に対して120mgもあり、約2倍以上あります。他にも、βカロテンや葉酸、ルテイン等、美容によい成分がたくさん含まれています。

ほうれん草

鉄分が多いことで知られるほうれん草ですが、ビタミンCやβカロテンなど、美肌作りに欠かせない成分も多く含まれています。ほうれん草が旬を迎える冬は、特に栄養素が高いと言われているので、積極的に食べましょう。

かぼちゃ

ビタミンCやβカロテンの他にも、抗酸化作用に優れたビタミンEやポリフェノールなどが豊富に含まれています。アンチエイジングにも効果的な食材です。

玄米(発芽玄米)

特集

SPECIAL CONTENTS