ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

アボカドとはどんな植物?

アボカドは、クスノキ科ワニナシ属の常緑高木になる果物。中南米が原産地で、熱帯・亜熱帯気候の地域で広く分布、栽培されています。自然に生えているものだと30m以上になるものもあり、栽培されているものでも約10mぐらいになるのだそう。意外とのっぽな木なんですね。

観葉植物にもできる

アボカドは食べるだけでなく、観葉植物として楽しむことができます。しなやかな茎と、濃い緑色の葉をつけたアボカドは美しく、部屋の雰囲気をガラッと変えてくれますよ。

鉢のサイズを変えれば、好みの大きさに育てることができます。

アボカドにも種類がある

ひと口にアボカドと言っても、実はさまざまな種類があるということを知っていましたか。その数は1000種類もあるのだかとか。

ただし、日本で手に入る種類のほとんどが「ハス種」。ハス種は栽培が簡単であること、皮が固く、長距離輸送に適していることからスーパーで多く出回っているのです。

アボカドの種の育て方・下準備

1. アボカドをカットし、種を取り出す

縦に包丁を入れ、種のまわりをぐるりと回すようにカットします。半分にカットすることができたら、種を取り出します。

購入するアボカドは食べ頃のものを選んでください。購入したアボカドは冷蔵庫に入れず常温保存してあるもののほうが発芽しやすくなります。

2. 種の皮をむく

種の甘皮をむくという手間で発芽率はぐんとあがります。種を取り出す際に包丁で傷つけてしまったとしても問題ないので安心してください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ