手作りソーラークッカーを使う

ソーラークッカーは太陽光のみをエネルギー源とするもので、アウトドアはもちろん有事の際にも活躍してくれます。ソーラークッカーは、身近にあるもので手作りすることができますよ。
【ソーラークッカーの作り方】
ビニール傘の内側にアルミホイルを貼り付けます。缶の上を切り取って水を入れ、アルミホイルを貼り付けた傘の中央に置き、日光の当たるところへ。この方法で、3月くらいのまだ穏やかな太陽光でも、80度以上のお湯を作ることができます。

いつか役に立つときが来るかも

水で作るカップ麺の作り方、いかがでしたか?災害時だけでなく、電気やガスに何か不具合が起きた時の対応策にもなりそうですね。いつ何がおこるかわからない世の中、覚えておくといざという時に役立つかもしれません。 カップヌードルや、カップ焼きそば以外にも、同じような形のカップ麺であればどれも水で作れますよ。油分を多く使っているものは、水ではなかなかよい状態になりにくいので、シンプルなものがおすすめです。検証もかねて、みなさんも一度試してみてくださいね。
▼ こちらの記事もおすすめ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ