函館丼

函館丼とは、ウニ、カニ、イクラの三色丼です。魚から取り出し、主人自ら漬けているというイクラに、全く臭くないウニ、ほどよく塩気の効いたカニ、どれも新鮮でとてもおいしいです。お値段は1,600円ですが、丼が運ばれてくる前に小皿がどんどんと運ばれてきます。
この小皿がこちらのお店の名物!全部がサービスなんです。この品数で1,600円というのは破格ですよね。

店舗情報

■店舗名:朝市の味処 茶夢 ■最寄駅:JR函館駅から徒歩1分 ■住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場 ■電話番号:0138-27-1749 ■営業時間:7:00~15:00 ■定休日:不定休 ■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1001132/

13.馬子とやすべ

どんぶり横丁を入ってすぐ目の前にあるお店です。「馬子とやすべ」という店名は「馬子食堂」と「やすべ食堂」を営業していた兄弟が2人でこちらのお店を営業するときに、双方の旧店名を繋げたということです。

函館朝市五色丼

五色丼の中身は、エビ、ホタテ、ウニ、サーモン、イクラです。このボリュームで1,680円です。イカの刺身も人気で、新鮮なイカは足はコリコリ、目玉まで食べられます。

店舗情報

■店舗名:馬子とやすべ ■最寄駅:JR函館駅から徒歩2分 ■住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場 ■電話番号:0138-26-4404 ■営業時間:6:00~16:00 ■定休日:水曜日 ■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1004295/ ■公式HP:http://www8.plala.or.jp/makotoyasube/

14.鮨処 はこだて

たくさんお店がありますが、赤酢の酢飯をいただけるのはここだけ。新鮮なネタとの相性を考え、昔ながらの赤酢を使用しているんです。やさしい酸味が素材を引き立ててくれるんですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS