暖房をつけていると?

冬になると暖房をつけますよね。暖房をつけてしまうと、シンク下の収納棚や押し入れの奥などは暖房の影響を受けて、温度や湿度が上がってしまい、冷暗所にはならない可能性があります。冬は特に、保管場所の選択に注意を払う必要があります。もし冷暗所として使用する場合は、温度や湿度の測定・管理をしっかりするようにしましょう。

びっくり情報!冷暗所の作り方!

もし、本当に適した冷暗所が家にない場合、その時は発泡スチロールで冷暗所を作ってしまいましょう!最近は便利なことに、発泡スチロールも100円ショップに売っているんだとか!発泡スチロールは断熱材なので、温度変化も少なく、野菜を保存する場合には、底にいくつか穴をあけることで野菜類が酸素不足にならず長持ちするといわれています。まさに小さな冷暗所。ミニクーラーボックスが簡単に作れるなんて、うれしすぎますよね!

冷暗所の選択はあなたしだい!

いかがでしたか?今回は、冷暗所がどういうものなのか、冷暗所として適しているところ、冷暗所がなかった時の冷暗所の作成方法についてまとめました!冷暗所が作れるなんて、主婦の皆様にとっては本当朗報ですよね! 食品や薬品など、「冷暗所保管」と書いてあるものを保管する場合は、今回の内容を思い出し、自宅にある【冷暗所】でしっかり保管しましょう。本当に困った場合は、基本的には冷蔵庫に入れておけば間違いありませんので、冷蔵庫に入りきらない場合に適切な場所で保存する方法として知っておくとよいでしょう!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ