透き通る青!「バタフライピー」はタイ女性の美肌を作る魔法のお茶

ハーブティー愛好家の女性のみなさまこんにちは。バタフライピーをご存知ですか?これは、タイの公園や庭に生息しているマメ科の植物を使ったハーブティーです。美しさと儚さの両方を兼ね備えたこのお茶には、女性をとりこにする驚きの効果があるようです。

2019年2月28日 更新

ライター : yuitoss

フリーライター

美容に関する記事を書くことが好きです。

ハーブティー界の新星バタフライピー

ハーブティー愛好家の女性のみなさん、こんにちは。 今回ご紹介する「バタフライピー」は、美しく、そしてどこか儚さを感じさせるコバルトブルーが何とも印象的なハーブティー。あなたがこれまで飲んできたお茶とはまったくの別物です。澄み渡った海のような美しさに、思わず息を飲むことでしょう。 クセがなく、鼻を抜けるほのかな豆の香りが特徴です。見た目もさることながら、健康・美容にも大いなる効果が期待できると、多くの女性をとりこにするバタフライピーの魅力に迫ります。

バタフライピーはタイからやってきた

赤道付近の熱帯地域に生息するマメ科の植物、バタフライピー。大きく開いた花びらが蝶々「Butterfly」に似ていることから、後ろに「Pea(豆)」を付けたのが名前の由来だと言われています。 このハーブがもっともポピュラーな国・タイでは「アンチャン」と呼ばれていて、ソーダやカクテルと割ったり、石けんやシャンプーに混ぜたりして幅広く使われているそうです。 それにしても、どうしてここまで美しく発色するのか。それは、バタフライピーの花びらに「アントシアニン」という成分が豊富に含まれているから。タイのオフィスで働く30〜40代の女性たちが、マイボトルにバタフライピーを入れて持ち歩いているというんだから、相当うれしい効果があるに違いない……。

バタフライピーの驚くべき効果

眼精疲労

ポリフェノールの一種「アントシアニン」には、疲れた目を回復させる効果が期待できるんですよ。私たちの目は、ロドプシンという物質が活発に動くことで色を見分け、遠くのものを識別できます。アントシアニンはロドプシンの動きを活溌にしてくれるので、デスクワークや運転で疲れたときの救世主。

美白・美肌効果

シミやくすみの元となるメラニン色素の沈着を抑えて、肌の内側から輝くような透明感に満ちた真っ白なお肌へ近付けてくれるんですよ。また、「アントシアニン」が年齢とともに失われるコラーゲンづくりにアプローチをかけ、お疲れ気味の肌にハリと弾力を与えて若々しさを取り戻してくれるでしょう。

アンチエイジング効果

眼精疲労に効果が見込める「アントシアニン」は、肌の老化を食い止める抗酸化作用にすぐれています。しわやくすみなどの肌の老化を加速させる活性酸素の働きを抑える、アンチエイジング効果が期待できるんですよ。タイの女性の美の秘訣は、バタフライピーも大いに関係しているのかもしれないですね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS