ローディング中

Loading...

香り豊かで上品な味わいが特徴の、日本が誇る飲み物「玉露」。なんとなく緑茶の仲間なのかなということは知っていても、具体的に何が違うのかまではよく分かりませんよね。そこで、今回は玉露と他のお茶の違いや、玉露がもつ効果を徹底解説します。

玉露とは

日本で古くから親しまれている日本茶の一種、「玉露(ぎょくろ)」。玉露は日本茶の最高峰と言われているだけあり、お茶屋さんに行っても少しだけ他のお茶より値段が高いですよね。その豊かな香りは疲れたからだと心をふっと解きほぐしてくれます。

「玉露」という名前は、製茶業者として有名なかの山本山の商品名に由来しています。その歴史は実に古く、天保6年(1835年)にまでさかのぼります。

当時の山本山の六代山本嘉兵衛(徳翁)が、茶葉を露のように丸く焙り、これが玉露の原型となったといわれています。現在は棒状に焙った玉露が一般的ですが、これは明治初期に同じく製茶業者である辻利右衛門(辻利)によって完成された形だとされています。

玉露は緑茶の一種

香り高く気品のある玉露ですが、ご存知の通り、緑茶の一種です。

そもそも、緑茶とは摘み取った直後の、まだ発酵させていない日本茶全般のことを指しています。これがそれぞれ異なる発酵過程を経て「玉露」「煎茶」「白折」「ほうじ茶」「番茶」などと呼ばれるようになるのですが、もともとはすべて同じ茶葉からできており、いずれも緑茶の一種なのです。

緑茶という大きなカテゴリーの中に、煎茶、玉露、番茶、ほうじ茶などが存在していると思っていただくと分かりやすいかもしれません。

そんな緑茶のなかでも、ひときわ高級感がある玉露ですが、どのような特徴があるのでしょうか。また、どういったところが他のお茶と違うのでしょうか。

玉露と他のお茶の違い

玉露

玉露は新芽が出始めたら日光を遮って育てます。その遮光率(日光を遮る度合い)も明確に決められており、最初は70%前後からはじめ、茶摘み前には90%以上の遮光率で育てます。ほとんど日光のない環境下で育てるのですね。

このようにして育てることで、甘みとコクのある味わいが出てきます。遮光栽培独特の香りが感じられるのが、他のお茶との最大の違いです。

日本茶のなかでも最高級ランクに位置付けられる「玉露」ですが、希少価値が高いため生産量も他のお茶に比べると少なく、全国で約270トン、日本人1人あたりに換算するとたった2g程度しか生産されていないようです。

ただし、玉露にはカフェインが多く含まれており、その含有量はコーヒーよりも多い100g中120mg。まったくダメというわけではありませんが、念のため妊娠中の女性は避けた方がよさそうですね。

煎茶

緑茶のなかで、最も一般的な製法で作られるのが「煎茶」です。

煎茶の特徴は、お茶の新芽が出てから摘み取りまで、ずっと日光を浴びせて育てていきます。太陽の光をたっぷりと浴びることで、お茶本来のほど良い渋みと爽やかな香り、そしてすっきりとした味わいが特徴です。

日本のお茶の流通量の80%以上を占めており、一番よく愛飲されていれる一般的な「お茶」です。

このうち、「深蒸し煎茶」は、一般的な煎茶よりも蒸す工程を煎茶2~3倍長くしたお茶のことをいいます。長く蒸すことで渋みが抑えられ、甘みが増しますが、新鮮な爽快感や香りは煎茶より少なくなってしまいます。

お茶の渋みが苦手でまろやかさを求める人は深蒸し煎茶を、香りや苦みも楽しみたいという人は一般的な煎茶が良いでしょう。

白折

あまり聞きなれない「白折(しらおれ)」ですが、「雁ヶ音茶(かりがね)」といえば聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

一般的に、煎茶を作る工程で「出物」と呼ばれる副産物が生じます。その副産物の代表が
「棒茶」と「粉茶」なのですが、このうち「棒茶」とは「茎茶」とも言われ、煎茶や玉露などの仕上げ工程で出てくる、お茶の茎の部分を集めたもののことをいいます。

この「棒茶」の一種を「白折」と言い、比較的リーズナブルながらも香ばしさやお茶本来の苦みが感じられるとして人気を集めています。

ほうじ茶

香ばしくて飲みやすく、カフェイン量が少ないことから子供も飲めるとして人気のお茶、ほうじ茶。茶葉を褐色になるまで強火で焙煎したお茶のことを言います。

お茶の苦みや渋みの元となるタンニンが少なく、煎茶や玉露などと比べてカフェインも少ないことから、子供でも安心して飲めるとして人気のお茶です。

さっぱりとした味わいで飲みやすく、香ばしい香りは精神的にもリラックスできるとして子供から大人まで親しまれています。

アイスでもホットでもおいしく飲め、比較的リーズナブルな値段で手に入るのもよいですね。

番茶

「番茶」とは、自宅で飲んでいるような普段使い用のお茶全般のことを指します。「晩茶」と書く場合もあり、その由来は晩い時期に摘んだお茶だったためのようですが、現在では高級茶としては売り出せないようなかたい葉や古葉で作られた下級茶のことを指しています。

ですが、下級茶とはいえ、一般家庭で普段使いとして飲む分には全く問題ありません。さっぱりとしてして苦味がなく、刺激が少ないのでおすすめです。カフェイン量も少なく、ちいさな子供や体調がすぐれない人でも飲めるお茶です。

透明度が高いため、ペットボトルのお茶の原料としても多く使われており、何よりリーズナブルな料金で手に入れられるのが良いですよね。

玉露の効果・効能

様々な健康、美容効果が期待できるとして注目されている緑茶ですが、そのなかでも玉露が最近特に注目されているのは、その美容効果の高さではないでしょうか。

美肌、美髪、アンチエイジング

玉露には、ビタミンやアミノ酸が豊富に含まれています。なかでも、ビタミンCやビタミンEが特に多く含まれており、ビタミンCは美肌を作るのに欠かせない成分とされています。また、紫外線によるダメージを受けた肌の回復力を高めてくれたり、疲労回復といった効果も期待できます。

さらに、ビタミンEは「若返りのビタミン」と言われるほど美肌と密接な関係を持っているビタミンです。肌のみならず、美肌や美髪効果もあるため、アンチエイジングとしても注目されている栄養素です。

この他、シミやくすみに効果がああるビタミンA、強い抗酸化作用を持つカテキンなども含まれています。

リッラクス、集中力アップ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

コーヒー

ミントティーを飲みたい季節!とはいえ、生ミントを使って自分で淹れるの、ちょっと面倒ですよね。そこでご紹介したいのが、以前巷でウワサになっていたフリスク+紅茶でミントティーを作る方法。さらに、その他のドリンクと…

お茶 ドリンク 静岡

茶屋すずわに、暮らしのシーンに合わせて選んで楽しめる「ときのお茶」シリーズが登場!目覚めの朝、お気に入りのおやつを用意した特別な時間、疲れた身体を労いたい夜など、一日のライフシーンに合わせて楽しむことができる…

お茶 ビアガーデン 御茶ノ水

日本茶レストラン「グリーンティー レストラン 1899 お茶の水」で、『抹茶ビアガーデン』が今年も開催されます。新作の「和紅茶ビール」や定番の「抹茶ビール」など10種のビールと、「抹茶ワイン」が飲み放題なほか…

おしゃれ お茶 まとめ

日本人と言えばお茶!みなさんはどんな急須をお持ちですか?ほっこり癒されるお茶の時間を、お気に入りの急須でもっと楽しい時間にしてみませんか。地味なイメージの急須とは程遠い、オシャレな急須に出会えます。ぜひチェッ…

お茶 お茶漬け お弁当

10年連続でミシュランの星を獲得する日本料理店「銀座 うち山」と、「キリン 生茶」が初コラボした『鯛ひつまぶし弁当』が期間限定でごちクルサイトにて発売されます。予約1ヶ月待ちと言われる名店の名物「鯛茶漬け」と…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る