気持ちを代弁してあげる

イライラしたり、腹を立てた子どもがものを噛もうとしたら「嫌だったのね」「悔しかったのね」と、気持ちを代弁してあげましょう。ストレスの発散手段が、「噛むこと」から「言葉で表現すること」へと移っていきます。

心の叫びを見逃さないで

何気なくストローを噛んでいたようで、実は心からの意外な信号だったのですね。ストローを噛むクセのある人は、ぜひストレスがないか自分自身を見直してみてください。身の回りにストローを噛む人がいたら、ぜひゆっくり話を聞いてあげてくださいね。きっと気持ちが楽になるはずですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ