思いっきりストレス発散をする

ストレスがたまっていてストローを噛んでしまう場合は、ストレスの原因になっている問題を解決するのが一番ですが、解決できる問題ばかりではありませんよね。そんな時は、リラックスできる趣味や、思いっきり心がスッキリするリフレッシュ方法を探しましょう。 絵を描いたり、好きな音楽を聴くと心が落ち着きますよね。好きなだけ眠るのもいいでしょう。汗を流して運動するのも、リフレッシュになりますよ。今ストレスに感じていることや自分の考えをノートに書き出すのも効果的です。

人に甘える

承認欲求が高まっている状態なので、人に甘えてみましょう。甘えると言っても赤ちゃんのように甘えるという意味ではありません。話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になりますよ。仕事と全く関係のない家族や恋人、信頼できる友達に「仕事でこんなにがんばった!」と報告するのもいいかもしれませんね。 あなたの身近な人がストローを噛んでいるなら、お茶に誘ってみてください。人に話したいことがたくさんたまっているかもしれません。気になる彼にストローの噛みグセがあるなら、ぜひたくさん話をきいてあげてください。「この子といると気持ちが落ち着くな」と思ってもらえるかもしれませんよ。

ガムを噛む

口さみしさから、口にしたものを噛んでいる可能性があります。アイスの棒や、飴、氷なども噛むクセがあるのでは?ガムを噛めば口さみしさがまぎれます。

子どもの噛みグセの対処法は?

赤ちゃんやちいさな子どもは、ストローやスプーン、自分の爪まで多くのものを噛んでしまいます。イライラするとお友達を噛んでしまう子も。子どもの噛みグセを治すには、どうすればいいのでしょうか。

噛む前に防ぐ

ストローなどを噛んでいるところを見つけたら、優しく声をかけてやめさせましょう。抱きしめて気をそらすのもおすすめ。小さな子どもは自分の主張を表現する適切な言葉を知らず、ストレスの発散方法としてものを噛んでしまうことも多いです。今どんな気持ちなのかきいてあげることも大切です。

たっぷり愛情を伝える

すでにたっぷりの愛情を注いでいるかもしれませんが、もう少しだけスキンシップを増やしたり、話を聞く機会を増やしてあげましょう。「認めてもらえている」という安心から、少しずつ噛みグセも落ち着くはずですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ