海外では賛否両論!日本だけクリスマスにケンタッキーを食べる理由

クリスマスと言えば、日本ではケンタッキーフライドチキンが定番ですが、これはなぜなのでしょう。今回は、その理由やきっかけについてご紹介します。海外では、どのような反応なのでしょうか。豆知識として、ぜひ覚えておきましょう。

2016年11月14日 更新

クリスマスのご予約はお早めに!

クリスマスの予約開始は店舗によって差があるため、一律して「〇月〇日から」ということはお伝えできません。しかし例年の様子を見ていると、だいたい10月後半から11月前半にかけて予約が始まっているようです。 予約の締め切りも店舗によってさまざまで、多くの場合は調理できるチキンの数に達した時点で終了としているようですので、どうしてもフライドチキンが食べたいという人は早めに予約をしておきましょう。

予約方法は?

予約の仕方も店頭が主流だった昔とは異なり、店頭受付はもちろん、電話やインターネット、店舗によってはクリスマス近くなると申し込み用紙を配布しているところもあるようです。 ちなみに、ケンタッキーの定めるクリスマス期間は12月23日~25日の3日間とされており、この間はクリスマスメニュー限定で販売される店舗が多いとか。しかし、やはりこれも地域や店舗によって差があるので、一度購入予定の店舗に問い合わせてみてくださいね。

クリスマスを楽しい一日に。

日本でケンタッキーフライドチキンがクリスマスの定番となっている理由をご紹介しました。まさか、偶然訪れた外国人客によって生まれたアイデアだったとは知りませんでした。 年に一度しかないクリスマス、夏を超えると毎年あっという間にクリスマスがやってきます。大切な人とおいしい食事を楽しみ、よい一日にしたいですね。
▼当たり前だと思っていた風習の由来、知っていますか?
Photos:1枚
店の前で並ぶ人々
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS