ひな祭りに「ちらし寿司」を食べるのはなぜ?知っておきたい由来と意味

ひな祭りといえば女の子の健やかな成長を願う日ですが、なぜひな祭りに「ちらし寿司」を食べるのかご存知ですか?実は、ちらし寿司を食べる由来があったのです。ちらし寿司に使う食材の意味も併せてご覧ください。

ひな祭りには「ちらし寿司」

「ひな祭り」といえば女の子の健やかな成長を願うもの。女の子にとっては、雛人形を飾って、菱餅やひなあられ、ちらし寿司を食べて楽しく過ごす日です。

ところで、どうしてひな祭りにはちらし寿司を食べるのかご存知ですか?

なぜひな祭りにちらし寿司?

なんとなく見た目が華やかで「ひな祭り」っぽいから、とか、それくらいにしか意識していなかったちらし寿司ですが、実はひな祭りに食べるようになった由来は諸説あり、定かではありません。

その中でも最も有力なのが、「ひな祭りには元々なれ寿司を食べていた」という説。
「なれ寿司」というと、魚に米を詰めて発酵させた、独特の匂いと味で大きく好き嫌いが分かれることで有名なお寿司。

現在は鯖などが有名ですが、ひな祭りが貴族の間で一般的に行われるようになった平安の時代にも鮎やフナの「なれ寿司」が作られ、それをひな祭りを始め、お祝い事の際に食べる風習があったんだとか。
さらに江戸時代になるとこの風習が「ばら寿司」を食べる形に変化していきます。(簡単に言うと具を混ぜ込んでいるのがばら寿司で、乗せているのがちらし寿司です)

そしてお祝い事の中でも特にちらし寿司を食べるのはひな祭り、というイメージが徐々に広まっていったんだとか。

ただ、近年になるまで「ちらし寿司」を食べる風習はそれほど広まっていなかったという説もありますので、定かではないです。

どんなちらし寿司でもいいの?

じゃあちらし寿司ならなんでもいいのかというと、そうでも無いそうです。縁起を担ぐために、是非入れたい3つの具があります。それが
「エビ」
「レンコン」
「豆」
の3つ。この3つにはそれぞれ意味があります。
・「エビ」
エビのように腰が曲がるまで長生きできるように
・「レンコン」
大きく穴の空いたレンコンのように、遥か先まで見通せるように。
・「豆」
健康にマメに働き、仕事がうまくいくように。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS