連載

【食べ方のキホン】クリスマスの王様「ケンタッキーフライドチキン」の上手な食べ方

知ってそうで知らなかった食べ方のコツを5コマで配信していきます。今回は、「ケンタッキーフライドチキン」。KFCのチキンはコツさえ知っていれば簡単に、かつムダなく食べることができるんです!ではそんなフライドチキンの上手な食べ方をご紹介します。

ケンタッキーのフライドチキンを綺麗に食べたい!

クリスマスといえば、「ケンタッキーフライドチキン」!鶏のさまざまな部位が食べられるKFCのチキンですが、骨付きの脚の部分以外はちょっと食べづらいな・・・と思ってる人いませんか?

しかし、脚以外の部位でもコツさえ知っていれば簡単に、かつムダなく食べることができるんです! 

ということで今回は、KFCのチキンを知り尽くした、世界に2人しかいないオリジナルレサピーチキンマイスターの羽鳥裕昭さんに、上手な食べ方を教えてもらいました!

「オリジナルレサピーチキンマイスター」とは?

「オリジナルレサピーチキンマイスター」とはケンタッキーのオリジナルチキンの知識をより広く、深く伝える人のこと。

多くの研修や工場訪問を重ね、難関試験に合格しなければならないそうです。
では、そんなケンタッキーのフライドチキンの食べ方をご紹介します!

【食べる前に】5つの部位を知る

KFCの「オリジナルチキン」は、『キール(胸)』『サイ(腰)』、『ドラム(脚)』、『ウィング(手羽)』『リブ(あばら)』の5つの部位に分かれています。それぞれの食べ方を見ていきましょう。

1)キール(胸)の食べ方

鶏肉の部位のなかで1番ヘルシーで、かつボリューム満点のささみを含む胸肉の部分。低カロリー高タンパクなので、女性に特に人気なんだそうです。小骨を抜くだけで、ほとんど丸ごと食べられます。

① 2本の小骨を抜く

キールには小骨とやげんとよばれる軟骨があるだけで、あとはほぼ肉。まずは2本入っている小骨を抜きましょう。

② 軟骨を抜く

黒い部分が軟骨なので、半分に割いてとりだせば残りはすべて食べることができます。

③ ごちそうさま

骨も残るのはこれだけ!ちなみにKFCのCMでよく登場するのはここの部位なんだとか。

2)サイ(腰)の食べ方

特集

SPECIAL CONTENTS