「にんにくチューブ」は100%にんにくじゃない!? 気になるその中身とは

料理の味付けに迷ったときに役立つ「にんにくチューブ」。実はあなたが使っている「にんにくチューブ」は100%にんにくで作られているわけではないんです。何が入っているか知りたくはありませんか?気になるその中身をご紹介します!

2017年12月11日 更新

便利なにんにくチューブ!でも……

「にんにくチューブ」をご自宅に置いてる人は多いのではないでしょうか。手軽に料理にアクセントを入れられ、とっても便利ですよね。またチューブを使うとにんにくを調理する手間が省け、独特の臭いが手についたり、部屋に蔓延したりするのを避けられます。

そんな使い勝手のよいにんにくチューブですが、原料に何が使われているか知っていましたか?知らないで使っているあなた、注意が必要かもしれません。

にんにくチューブの意外な原料とは

さまざまなメーカーがすりおろしにんにくのチューブを販売していますが、原料が100%にんにくだという商品は、ほぼないといっていいでしょう。他にはどんなものが含まれているかというと、でんぷん、ソルビトール、調味料、酸味料、香辛料、安定剤などの食品添加物です。もちろん商品により中身は異なります。安全面を気にする人は、購入時に原材料を確認するのをおすすめします。

にんにく以外の原料が入っている理由

にんにくチューブには何が、どのような理由で添加物が含まれているのか、詳しく説明いたしましょう。

でんぷん

でんぷんの特徴は安く作れる点です。商品を増量させるために入れられたと考えられます。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きう

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう