店舗詳細

TEL・予約  0749-82-3162 住所  滋賀県長浜市木之本町木之本1105 近江鉄道・湖国バス 木之元バスターミナルより徒歩15分 (北陸線越え東進)木ノ本駅より徒歩5分、木ノ本駅から352m 営業時間 [月~土]7:30~19:00      [日・祝]9:00~17:00 ランチ営業、日曜営業 定休日 無休(臨時休業あり)
通販はこちら。ただ今大人気のため1ヶ月待ちです。

富山「ヒスイパン」

一見気味の悪い緑色の清水製パンの「ヒスイパン」ですが、スライム的な物ではないので御心配なく。 のこの緑色はようかんを溶かしたもので、その色が地元の翡翠海岸の色に似ていたから「ヒスイパン」になったそうですよ。
和菓子製造もしていた清水さんの工場で、たまたま横にあったようかんを表面に塗って出したのが、今の「ヒスイパン」の原型ながやって。

出典: www.kurobehan.com

どうやらそこまで浸透してはない様子…

店舗詳細

【TEL】0765-74-9106(ピエール直通) 【住所】入善町椚山1336(コスモ21内) 備考 ※ヒスイパンは、入善ショッピングセンター コスモ21内「ピエール」(清水製パン直営店)で販売しています。(地方発送可) 〈営業時間〉 10:00~19:00 〈定休日〉 コスモ21の休業日に準じます。

広島「メロンパン」

「メロンパン」と言っても皆さんがご存知のメロンパンじゃございません。 こちらは広島呉の「メロンパン」の「メロンパン」。会社名がメロンパンなんですね。なんでも社長は、当時のお子様ランチのライスの型を見てこれを思いついたらしく、当時メロンとして売られていた「マクワウリ」の形から「メロンパン」と名付けたそうです。クリームが入っておいしそう。 なんでも、全国のビスケット生地を使ったメロンパンの発祥は、この「メロンパン」らしいですよ。
そして、呉の人は、一般的なメロンパンのことを「コッペパン」と言うんです。では、一般的な「コッペパン」はというと、「パン」と呼ぶらしいんです。

店舗詳細

【メロンパン】 【住所】広島県呉市本通7-14-1 【TEL】 0823-21-1373 【営業時間】 5:00~17:00(売り切れ次第終了) 【定休日】日曜

愛媛「塩パン」

この愛媛の「塩パン」はスゴいです。なんと一日5000個も売り上げるのだとか。 この「塩パン」を販売する「パンメゾン」には「塩パン」目当てに一日中、途切れる事無く行列が続いていて、焼き上がったものを瞬く間に行列に並んだお客さんがかっさらっていきます。
あまりにも人気があり過ぎて、基本的には「一人10個まで」などの個数制限が敷かれています。 この「塩パン」の人気の秘密は約80円という値段の安さにもありますが、決めてはやはりその味。 大きめに切り出したバターをそのまま生地に包んで焼くことで、中身のしっとり感と外のパリパリ感、そしてバターが溶け出たパンの底はカリカリ感までもが生まれるのです。 そして決め手は甘みを引き立てる岩塩。これがクセになる味わいを生みます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS