「リメイク缶」の作り方アイデア15選。ガーデニング用の鉢にぴったり!

SNSで見かける「リメイク缶」を自作してみませんか?リメイク加工の種類や方法の紹介に加え、切り口の処理の仕方、ラベルやペイントを使ったアレンジアイデアを15点集めました。多肉植物の鉢植えや小物入れにもぴったり!使い終わった空き缶をおしゃれに再利用してみましょう♪

2019年12月26日 更新

3. 業務用の缶を使えばボリューム感も

業務用の大きなサイズの缶をアレンジすれば、多肉植物をたくさん植えることができます。高さもあるので、蔦のような多肉植物もきれいに飾れてGood!サビ加工を施すことで、シンプルな部屋にも、アメリカンテイストのお部屋にも似合いそうです。

4. 一斗缶をアレンジすれば大きなものも収納可能!

大きな一斗缶をアレンジしたこちら。ステンシルを使えば、大きな素材にも簡単にデザインできます。シンプルに二色でデザインすることで、スッキリとした印象に。ガーデニンググッズを立てて入れたりゴミ箱にしたりと、いろんな使い方が広がります。

5. 色を重ねた上級者デザイン

上達すると色が重なったデザインもできるようになります。アメリカ国旗とサボテンのイメージがとてもよくマッチ。ステンシルシートを自作できるようになれば、お気に入りのデザインでいくつも作ることができますね。

苦手な人でも手軽に挑戦!ラベルを使ったリメイクアイデア5選

6. 二色使いの下地にラベルでおしゃれに

下地をストライプに塗ってラベルを貼り付けると、フレンチカフェ風のような仕上がりに。色違いでテイストをそろえると、かわいいですね。重ねているだけなのにインテリアとして映え、おしゃれ度がグッと増します。

7. ラベルを紅茶染めすればアンティーク調に

なんてことない普通の紙も染めれば一気におしゃれ素材に大変身。貼り付けるだけで雰囲気がアップします。身近なものを使ったアイデアのひとつですね。多肉植物を植えてプレゼントしても、自作したとは気づかれないかも?

8. 植物を映えさせるためシンプルに

多肉植物を植えて、アンティーク風に仕上げた作品。ラベルを使うことで、おしゃれな中にも、スッキリとしたシンプルな印象に。下地のブルーの色がきれいですね。カラフルな植物を入れれば、グッと華やかさが増します。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS