シルバーウィークは高尾山へ!食べ歩きにおすすめなグルメ8選

東京都内にある、人気の登山スポット「高野山」は、おいしいグルメがいっぱいです。老舗の味を堪能できるそばや、休憩中にほしくなる甘味、しっかり歩いたあとに味わうビールなど、幅広いジャンルのおすすめグルメをご紹介します。

2017年12月11日 更新

ライター : kie_0330

京都に生まれ、大阪で育ち、今は神奈川在住です。お出かけ、食べること、旅行、料理、手作りが好きです。2歳の女の子のママです。ママ目線の記事をUPします。

9月の連休には高尾山へ!

夏の厳しい暑さが徐々に落ち着いてきて、すでに秋らしさが垣間見えてきましたね!行楽の秋、9月の連休には「高尾山」へ行きませんか?移り変わる季節を感じて、日本の秋を堪能しましょう。 登山スポットの定番でもある高尾山は、実はグルメの宝庫なんですよ。行楽の秋を堪能しながら、食欲の秋も楽めますよ。

高尾山に来たら食べるべきおすすめグルメ

山を登って運動をしたあとには、おいしいものを食べて元気になりましょう。運動をしたあとのごはんは格別ですよね。もちろん、甘いものも忘れてはいけません。今回は、ぜひとも食べておきたいグルメを8選まとめました。

1. 香住「三福団子」

300円
高尾山の「三福団子」は、有名ですよね。“大福”、“幸福”、“裕福”になれるという意味で、「三福」と名付けられました。大きなお団子が3つ刺さって、お値段は300円です。店頭で炭火焼されているので、食欲をそそる美味しそうな匂いに誘われてしまいますよ! 外側はカリッとしていて、お団子は弾力がしっかりあり食べ応え抜群です。くるみ醤油のタレは、甘さとしょっぱさがとてもいいバランス。紅葉で色づいた山々の景色を眺めながら食べる三福団子、本当に幸福になりますね。
「香住(かすみ)」は、ロープウェイ高尾山駅の目の前にあります。行列のできる人気店です。特にロープウェイ終電時間の夕方は、おみやげを買うお客さんでにぎわっています。お店の窓口には「天狗焼の耳」(切れ端)が置いてあり、パリパリを味わえることもありますよ。

店舗情報

■店舗名 :香住 ■最寄駅 :高尾山口駅 ■住所 :東京都八王子市高尾町2205 ■電話番号:042-665-1808 ■営業時間:9:30~15:30 ■定休日:年中無休(臨時休業あり) ■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1329/A132905/13042628/

2. 十一丁目茶屋「天狗だんご」

3本セット 360円
「十一丁目茶屋」で人気の「天狗だんご」は、甘だんごと焼きだんごの2種類があります。甘だんごは草餅に餡子がたっぷり、焼きだんごはみたらしです。やわらかすぎず、もちっとした食感がくせになりますよ。テイクアウトもできますが、イートインする場合はコーヒーのセット(700円)がおすすめです。 紅葉の季節はすこし肌寒いですし、テラス席からの絶景を眺めながら、おいしいホットコーヒーと一緒にほっとひと息つきたいですね。
「十一丁目茶屋」は、高尾山口駅から1キロ付近にある人気店。お団子だけでなく、おそばやご飯ものなどもあります。テイクアウトもできますが、せっかくなら絶景を堪能できるテラス席がおすすめ。お団子がおいしいのはもちろんですが、そこから眺められる景色も、ご馳走ですよ。

店舗情報

■店舗名 :十一丁目茶屋 ■最寄駅 :高尾山口駅 ■住所 :東京都八王子市高尾町2179 ■電話番号:042-661-3025 ■営業時間:10:30~16:00 ■定休日:不定休 ■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1329/A132905/13030891/
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS