【食べ歩き】上野アメ横に行ったら絶対食べたいグルメまとめ15選

観光地として人気の「アメ横」。上野で食べ歩きグルメを堪能したいときにぴったりの場所ですよね。でも、何があるのかわからない……そんな方のためにスイーツやフルーツ、メンチカツ、たこ焼きなど幅広いジャンルのグルメを15点ご紹介します!

2019年11月28日 更新

ライター : おぬちゃん

映像の仕事しながら食べ歩きが大好きおぬちゃんです。宜しくお願いします。

上野アメ横は食べ歩きグルメの天国!

みなさん、上野といったら何を思い浮かべますか?上野動物園、パンダ、美術館……いろいろとありますが、やっぱり「アメ横」ははずせないですよね。 アメヤ横丁、通称「アメ横」は外国の方からも根強い人気を誇る観光スポットで、連日多くの人が訪れ活気をみせています。 そんな「アメ横」が誕生したのは、第二次世界大戦終戦後。人々の移動や物流の拠点であった上野駅を中心にうまれた闇市が発端なのだとか。戦後の物資が少ないなかで、砂糖や衣類などの生活用品がアメリカ軍からの横流しで流通していたことから「アメ横」と呼ばれるようになったそうです。 さて、そんなアメ横で楽しめるものといえば?そう、食べ歩きグルメですよね! ということで、今回は定番の食べ歩きメニューやスイーツ、外国の料理まで幅広いジャンルで15軒厳選してご紹介します!

1. ニューフルーツ

アメ横に昔からある老舗のニューフルーツ。 お客さんは箱にお金をいれていって串を持っていくシステムです。 パイナップル メロン スイカ ¥100 赤肉メロン ¥200 串で売っていると歩きながら食べられて良いですね!マナーにはくれぐれも注意しましょう。

2. アンクルジョー

韓国のおやつのホットクやトッポギが気軽に楽しめるお店。 中でも人気なのはハチミツ味のあまーいホットク。もっちりしていてとても美味しいです。 タピオカなどのドリンクもあるので小休止するのもいいでしょう。

3. チキンマン アメ横店

アメ横にあるローストチキンのお店。外国人の陽気なお兄さんがチキンをガシガシ焼いています。 焼いた物をそのままもらうか、食べやすい大きさに切るかを選べるので、やっぱり食べ歩きにちょうどいい!熱々のチキンを濃厚なタレと一緒にいただきましょう。

4. モーゼスさんのケバブ 2号店

本店も上野にあるのですが、アメ横にあるのは2号店です。こちらも陽気な外国人の店員さんが元気に客寄せをしています。 おなじみの縦に串刺ししたお肉が回転しながらとっても良い香りを放っています。

5. 西湖春上海小龍包 アメ横店

380円(税込)
"アメ横No.1"の文字が目をひく「西湖春上海小龍包(さいこうしゅんしょうろんぽう)」。焼き小籠包をはじめとした、本場の中華屋台料理を提供しています。上野のグルメ好きの間では、知らない人はいない有名店です。
こちらでおすすめしたいのが「焼き小籠包(4個)」。アメ横で1番と謳われるだけあって、多くの方から人気をあつめている商品です。アツアツの状態で頬張ると、肉汁がジュワっとあふれ、お肉の旨みが口いっぱいにひろがるそうですよ。香ばしく焼けた生地の食感もたまりません。 蒸した小籠包とはひと味違う、おいしさをぜひ味わってみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS