横浜中華街のおすすめ食べ歩きグルメ10選!小籠包に肉饅も目白押し♪

横浜中華街といえば、食べ歩きグルメの名所!あらゆる路地からいい匂いが漂う中華街は、肉饅に小籠包、はたまた中華風エッグタルトまで、絶品飲茶とスイーツがひしめいます。今回はそんな横浜・元町中華街のおすすめ食べ歩きスポットを10店ご紹介します!

2019年7月18日 更新

ライター : BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話題になっているトレンドグルメを主に紹介しています。好きなことは、ネットサーフィン、ビール、コンビニ巡り、時…もっとみる

小龍包に肉まんも!横浜中華街のおすすめ食べ歩きグルメ7選

1. 萬珍樓(マンチンロウ) 売店 中華街大通り店

中華街のメインストリートにある萬珍樓(マンチンロウ)。明治25年創業という老舗で、中国らしい配色は誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。ずらっと陳列された商品の中でも、珍しいのがクリーミーピータン。日本では馴染みがないので、お土産として購入する方も多いようですよ。

肉饅(塩味)450円

「萬珍樓売店」でおすすめの食べ歩きグルメは「肉饅」です。店頭で蒸されているアツアツの肉饅は、大きくて食べ応えがあります。ひと口頬張れば、その大きさに引けを取らないブラ肉はぎっしりと入っていて、肉のうまみをしっかり感じられてGood!

店舗情報

2. 上海小籠包専門店 鵬天閣(ホウテンカク)新館

「上海小籠包専門店 鵬天閣(ホウテンカク)新館」は、中華街でも有数の行列の店。昼も夜も休日になると行列ができるので、時間に余裕を持っていくことがおすすめです。2階はレストランになっています。

焼き小籠包 フカヒレと豚肉2種盛りセット

4個 620円(税込)
こちらで食べるべきと言っても過言ではない、食べ歩きグルメは、「焼き小籠包」です。特製の皮を使って、ひとつひとつ手作りされています。皮の下の部分がカリカリに焼けていて、とってもジューシーなひと品ですよ。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS