日本酒ブームの立役者!「にごり酒」の飲み方とおすすめの逸品紹介

にごり酒を飲んだことがありますか?今や日本酒は日本のみならず海外でも人気があります。近年の日本酒ブームの立役者はスパークリング酒とにごり酒、と言われています。今回はそんな日本酒ブームに一役買った、にごり酒についてご紹介します。

2017年11月29日 更新

にごり酒の飲み方

では次に、にごり酒の飲み方をご紹介します。にごり酒は冷か常温でいただくのが一般的な美味しい飲み方です。上澄みと白濁した下層部の二層になっている時は、入れる前に瓶をゆっくりと振って澱を絡めていきましょう。澱と絡まることで、お酒のクリーミーな口当たりと味わいが楽しめます。

また、注いでからしばらく時間をおいて再び二層に分かれさせ、まずはさっぱりとした上澄み部分を楽しんだあと、再度まぜてトロリとした味わいのメリハリを楽しむのもオススメです。

ちょっと変わったカクテル風の飲み方も併せてご紹介しましょう。にごり酒と炭酸を同じ割合で混ぜると、にごり酒の味わいがキリッと際立ちます。にごり酒と牛乳を同じ割合で混ぜると、ほどよく酸味のきいたまろやかなカクテルに。アレンジで自由自在な美味しさが楽しめるのも、にごり酒の魅力です。

おすすめのにごり酒

ひとくちににごり酒といっても酒蔵の数だけ、その味や特徴は広がります。色々なにごり酒を飲み比べて自分好みを探すのもにごり酒の楽しみ方の一つ。ここではオススメのにごり酒をピックアップして、その魅力をご紹介しましょう。

花垣

酒好きの間で「純白の妖精」とまで呼ばれるほど、人気が高いのが花垣です。まるでどぶろくのような深いにごりと、お米本来の甘みと旨味が際立つその味は、あたかも炊きたての新米をいただいているかのような錯覚に陥ります。にごり酒の特徴とも言えるざらつきがなくまろやかな口当たりは、「にごり酒の頂点」と呼ぶ人もいるほどです。

菊水

古き良き日本古来のにごり酒を楽しみたい方に断然オススメなのが菊水。大味で豪快ながらも、素朴な味わいの中に際立ってくるのが、芳醇な米のかぐわしさ。その味わい深さは飲めば飲むほどに人を引き付ける、まさに玄人好みの一本です。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう