口を濁す

「口を濁す」は、物事をはっきりと語らないことを言います。上記の「言葉を濁す」が「口」に転じ、「口を濁す」が浸透するようになったと言われています。

跡を濁す

「跡を濁す」とは去った後にその場を醜い状態のまま残しておくことをいいます。関連がある言葉に「立つ鳥跡を濁さず」がありますね。何ごとも、立つ鳥のように行っていきたいものですね。

煩わしいことは「お茶を濁す」のが大切!

私たちが普段何気なく使っている言葉「お茶を濁す」。実は、日本人特有完成と「お茶」が合わさって生まれた言葉だったんですね。その言葉の深さを噛みしめながら、効果的にこの言葉を使っていきましょう♪
▼ことわざの本当の意味、わかりますか?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ