ローディング中

Loading...

なんとなくわかったつもりで使っている言葉、「お茶を濁す」。はたして本当に正しい使い方ができてるの?日本人特有の言い回し?そんな「お茶を濁す」と言う言葉にまつわるあれこれを徹底解剖!これを読めば、ますます「お茶を濁す」のが上手になるはず!

あなたも「お茶を濁した」ことありませんか?

いきなり会社の先輩が「ねえねえ、あなたの彼の年収っていくらなの?」なんてプライベートなことを聞いてきた!こんなの正直に答えたくないし、かといってむげにもできない。「まぁ、一般的なサラリーマンの平均くらいですよ」なんてお茶を濁した。とういうように、日常生活で答えたくないことを胡麻化す時に「お茶を濁す」ってよく使いますよね。そもそも、なんで「お茶を濁す」なのでしょう。考えたこと、ありますか?

「お茶を濁す」の意味と由来

「お茶を濁す」とは、”適当なこと、いい加減なことを言って一時しのぎでその場を取り繕うこと”です。昔、茶道をよくわかっていない一般人が、適当にお茶をかき回して濁らせて、抹茶らしく見えるようにと、取り繕ったことから生まれた言葉といわれています。

では、どうしてお茶をわざわざ濁らせる必要があったのでしょうか。

かつて、抹茶は大変に貴重な飲み物で、位の高い貴族、僧侶だけしか飲むことができない特別なものだったのです。一般人には決して手に入れることができなかったのですから、当然茶の作法など心得ていません。そんな人が抹茶をたてるなど、到底無理な話。しかし、その場を取り繕うために、なんとかかき混ぜて抹茶らしく見えるようにした、というなんとも苦労が垣間見える逸話が由来だったのです。

「濁す」をつかった慣用句は意外と多い

「濁す」には、「あいまいにする」という意味合いがあります。だからでしょうか、「濁す」を使った言葉や慣用句は多く存在するのです。ここでは、「お茶を濁す」意外の「濁す」を使った言葉をご紹介します。

口を濁す

「口を濁す」は、物事をはっきりと語らないことを言います。実はこの言葉、正しくは「言葉を濁すである」と言う説もあります。しかし、言葉は口から発せられるという意識がありますので、「言葉」が「口」に転じるようになり、「口を濁す」が浸透するようになったと言われています。

言葉を濁す

「言葉を濁す」は、はっきりと言わず、曖昧にする事を意味します。「お茶を濁す」と同じ意味合いのように感じますが、違いはどこにあるのでしょうか?「お茶を濁す」は、言葉や行動に対して使われるものであり、「言葉を濁す」は言葉のみに対して使われる言葉です。

跡を濁す

「跡を濁す」とは去った後にその場を醜い状態のまま残しておくことをいいます。関連がある言葉に「立つ鳥跡を濁さず」がありますね。これは、水鳥が水面から飛び立つ際に水を汚すことなく飛び立つことから、立ち去るものは見苦しくないようにその場をきれいに後始末をするべきである、という意味です。何ごとも、立つ鳥のように行っていきたいものですね。

日本の文化的特性を反映した言葉

「お茶を濁す」のように、物事を曖昧にする「濁す」言葉が多種多様にある日本語。それは日本人の知恵とも言えるのです。

昔から日本人は、責任の在りかを分散させることにより、何かトラブルが起きた時に一人が責められてしまうことが無いように配慮をしてきたのです。責任の在りかを分散させると言うことは、同時に自分にも責任が及ばないと言う自己防衛にも繋がります。

また、日本人はもともと議論が苦手な民族です。そこで、あえて曖昧な表現を使用する事により、他者との議論を避けられることにもなります。長い年月を経て築かれてきた日本人の習慣と知恵が、会話の中で息づいている、その表れが「濁す」表現なのです。

実は英語にも「お茶を濁す」はあった

「お茶を濁す」と言う言葉、白黒はっきりつけることを好むであろう英語圏の人々にはなじみのないイメージがありますよね。実はそんなことないのです。

「お茶を濁す」を英語で表現すると「pussyfoot around」です。pussyfootは(子猫のように、忍び足で歩いていく)という意味で、(はっきりとしない態度をとる)という意味です.

他にも「give an evasive replay(歯切れが悪い返事をする)」、などもあります。案外英語圏の人々にも馴染みの深い表現なのですね。

【こぼれ話】お茶にまつわる慣用句「お茶を引く」

ちなみに「お茶を濁す」以外にもお茶にまつわる言葉があります。その一つが「お茶を引く」です。「水商売などで客が来ず、暇である状態」を意味します。由来は江戸時代にまでさかのぼります。

当時最大の遊郭で会った吉原遊郭に置いて、遊女がお客がついていない時間は茶臼で葉茶を挽いて、客用の茶を作る雑用をさせられていたことに由来しています。そのことから、お茶は遊女には忌み嫌われていた飲み物なのだそうです。

また、このようにお茶ばかり挽いている遊女はしとやかさに欠けている子が多かったため、そのような遊女は「おちゃぴい」とと呼ばれるようになりました。それが転じて「活発でおしゃべりな女の子」という意味で現代でも使用されるようになったのです。

終わりに

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

唐揚げ 揚げ物 レシピ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介します…

自宅で晩酌する際も、外食する際も、サワーはとても人気のあるお酒の一つです。そもそもサワーとはどんなお酒なのでしょうか?チューハイ、ハイボールと何が違う?サワーにまつわるさまざまな疑問についてお伝えします。

チーズケーキ お茶

成城石井で人気NO.1の商品「プレミアムチーズケーキ」に、秋にぴったりな「ほうじ茶」を使った和のプレミアムチーズケーキが登場!また、直輸入のルイボスティー6種も発売されます。成城石井の新商品で、今年…

お茶 ドリンク 静岡

茶屋すずわに、暮らしのシーンに合わせて選んで楽しめる「ときのお茶」シリーズが登場!目覚めの朝、お気に入りのおやつを用意した特別な時間、疲れた身体を労いたい夜など、一日のライフシーンに合わせて楽しむことができる…

バー

バーにもいろんな種類がありますが、なかでも「ショットバー」は比較的気軽に入れるバーです。今回は、ショットバーとは何か、名前の意味や、ほかのバーとの違いなどをお話しします。ショットバーの楽しみ方を押さえて、ぜひ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

ページTOPに戻る