ローディング中

Loading...

価値あるものは、落ちぶれたとしてもそれなりの価値をとどめることを意味する「腐っても鯛」。でも腐ってるんですよね…褒められているのか、けなされているのか?なぜ鯛なのか、実際に腐ったらどうなるのか?意味深な「腐っても鯛」を掘り下げてみました。

「腐っても鯛」とは?

「腐っても鯛」ということわざ、一度は聞いたことがありますよね。

広辞苑でこの言葉を調べると、「本来すぐれた価値を持つものは、おちぶれてもそれなりの値打ちがあることのたとえ。」とあり、大辞林には「本来上等なものは,たとえ腐ってもその品格を失わない。」とあります。

しかし、鯛は魚であり、私たちにとって身近な食べ物。腐って匂えばきっと食べないでしょうし、食べたならお腹も壊すことでしょう。鯛だから腐っても食べるという人は、あまりいないですよね。

腐っても鯛とはいえ、腐っていることに間違いないはず。この言葉、褒めているのかなしているのか、なんとも不思議な表現です。今回は、「腐っても鯛」の語源や由来、なぜお祝い事に鯛が出されるかなど、さまざま調べてみました。

語源・由来

腐っても鯛の語源は、「めでたい」の響きから縁起がよいとされ、仮に腐ったとしても、おめでたい鯛に変わりはないことから由来したとされています。

由来や語源については諸説ありますが、鯛は他の魚に比べて腐りにくく、多少悪くなっても食べられる魚であることから、優れたものは痛んでもそれなりの値打ちを保つことができる例えとして、用いられるようになったとも言われています。

鯛はなぜ「めでたい」?

結婚式や、神仏への奉納、お食い初め(生後100日のお祝い)など、さまざまな祝時のシーンで供される鯛。見た目が立派で美味な魚は他にもあったと思うのですが、なぜお祝いごとの際には昔から鯛が選ばれているのでしょう?

鯛が祝時の定番食材になった理由は、めでたいの語音だけでなく、他の魚に比べて格段に寿命が長いこともあげられます。

個体差はありますが、鯛の寿命は平均40年と言われ、イワシやアジの5〜6年、マグロの10〜15年と比較するとその長さがわかります。ちなみに、高級魚の代表として思い浮かぶフグは10年程度です。

また、鯛の桜色の体が紅白をイメージさせることも理由のよう。

そして、鯛は海の深い場所に生息し、高い圧に耐えられる引き締まった体をしていることから、高タンパク、低脂質の栄養価の高い魚。そのため、生後100日を祝うお食い初めでは、子供の健康へ願いを込め、祝膳のメニューにされています。

実際に腐った鯛は食べられる?

腐っても鯛だとはいえ、実際に腐った鯛は食べられると思いますか?

答えは、腐ればもちろん食べない方がよいです。しかし、鯛は他の魚よりもずっと腐りにくい魚なのは確かなようです。深い海の中で泳ぎ続け体の引き締まった鯛は、体に傷を負ったとしても傷口から細菌が繁殖しにくく、死んだ後でさえもその性質が残るといいます。腐っても鯛というよりむしろ、腐りにくいからこそ「鯛!」といえます。

獲れてから時間が経ったものは生では食べられないにしても、よく水洗いして火を通せば、食べられる期間はかなり長いようです。

目からウロコ!腐った魚を見分ける方法

腐りにくいとはいえ、やはり新鮮なお魚を食べたいもの。スーパーやお魚屋さんで、鮮度の良し悪しを簡単に見極められるポイントをいくつかご紹介します。

魚の身・ウロコを見る

魚は古くなると全体的に茶色く変色し、透明感を失います。ツヤがあり、ウロコがそろっている魚を選ぶとよいでしょう。もし、魚に触れることができるようであれば、お腹のあたりを触ってみて、ハリのあるパツパツとした魚であれば鮮度がよいでしょう。押した箇所が凹んだままの魚はあまり新鮮とはいえません。

スーパーなどでパッケージされているお魚であれば、容器の中に血が流れ出ていないものを選ぶとよいですよ。水揚げから時間の経った魚は身割れし、内臓物が流れ出てきてしまうため、容器に血が溜まりやすくなります。

目を見る

お頭付きに魚の場合には、目を見てください。生きている魚の目は艶があり澄んでいますが、死んだあとは白く濁ってきます。

また、目の陥没具合も目安になります。魚の種類にもよるため、あくまでも目安ですが、魚の目を水平から見て、盛り上がっていれば新鮮、平らなら獲れてから1日程度のもの、もし陥没していたら水揚げから2日以上経過している可能性があると言われています。

エラを見る

生きている魚のエラは鮮やかな赤色をしていますが、死んでから時間が経つと、魚の血液に含まれる成分が酸化し、どす黒く変色します。エラには毛細血管が集中しているので、エラを見ると酸化の状態がわかりやすくなっています。

切り身の魚の場合

スーパーで売られている切り身魚の下に、白いスポンジのようなものが敷いてあるのを見たことがあると思います。そのスポンジに魚からにじみ出た血のような汁がいっぱい染み込んでいたら鮮度はよくありません。

さばいてから時間が経過すると、切り身の切り口が丸くなっていきます。切り口がシャキッとしている場合は切り分けてからあまり時間が経過していません。また、切り身は空気に触れることで色が黒っぽく変色しますので、色の状態を見るのも目安になりますよ。

おわりに

「腐っても鯛」についていかがでしたか?やはり「腐ってもマグロ」や「腐ってもフグ」では意味が変わってきますね。強い水圧に負けずグイグイ深い海で泳ぐ強い体をもつ鯛は、栄養価も高い立派な魚。

お刺身や鯛飯、鯛すきなど、おいしい鯛のお料理を食べる際に、今回の記事を思い出して話に華を添えてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

フルーツ レシピ まとめ

甘酸っぱくてジューシーなプラム。どんな食べ方をすればいいのか、意外とご存じない方も多いのではないでしょうか?皮まで食べても大丈夫?種の取り方は?今回は、生でもおいしいプラムの食べ方を詳しくご紹介します。

レシピ 調味料

お料理のアクセントや隠し味になるニンニク。スタミナもつくニンニクは上手に保存をして、どんどんお料理に使いたいですよね。ニンニクを長持ちさせる上手な保存方法と、おいしい食べ方をご紹介。保存調味料としてもオススメ…

調味料 レシピ

「ポン酢しょうゆ」をご存じですか?ポン酢ではなくポン酢しょうゆです。名前を見れば、なんとなく想像がつきそうだけれどもポン酢との違ってなに?使い方は違うの?ポン酢しょうゆについて、ポン酢との違いも含めてご紹介し…

にんにく レシピ

使い切れなかったににんにくを置いていたら、にんにくからいつの間にか芽が出ていて驚くことはありませんか?にんにくの芽は毒性を持っていないため、食べることができるのですよ。捨てずに美味しく食べられる方法をレシピと…

とうもろこし

しゃきしゃきで甘いとうもろこし。自宅でとうもろこしを食べる時、蒸し時間はどのくらいがベストかご存じですか?おいしい蒸し方は?今回は、とうもろこしのおいしい蒸し時間や蒸し方などについて詳しくお伝えします。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考に…

パン まとめ

コストコの定番商品「ディナーロール」。値段の安さに比べてたくさん入っており、余ったら冷凍してしまえばいつでも解凍して食べられると大人気なんです!今回はそんなディナーロールをおいしく食べられるアレンジレシピをた…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

にんにく

様々な料理に欠かせない食材であるにんにく。上手に冷凍保存して長持ちさせれば、いつでも料理に使えますし、芽が出てしまった!なんていうミスも起こりません。今回は、にんにくを冷凍保存する方法や、保存期間についてお伝…

コーヒー

八丁堀に2016年1月オープンした「ロアコーヒーハウス」は、豆にこだわったコーヒーショップです。しかも、このお店のドリップコーヒーは1杯280円!さらに、カラフルな「レインボーラテ」も楽しめます。いったいどん…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...