衝撃!日本三大うどんは3種類ではなかった!? 候補に上がるご当地うどんまとめ

「日本三大うどん」と聞いて何うどんを思い浮かべますか?香川の讃岐、秋田の稲庭、他にも群馬の水沢、富山の氷見……など、実は候補に挙がるうどんが複数あるんです。地域によって独自の発展を遂げてきたご当地うどんの製法や味の違いを調べてみました。

2017年11月27日 更新

「日本三大うどん」とは?

「三大○○」などという表現はよく使われますが、うどんの世界にも日本三大うどんがあります。ひとつは、うどん県とまで呼ばれる香川県の讃岐うどん。手延べで作って乾燥させる、秋田県の稲庭うどんも日本三大うどんのひとつです。

このふたつは間違いなく日本三大うどんに含まれているのですが、実は、残りひとつがはっきりとしません。長崎県の五島うどん、群馬県の水沢うどん、富山県の氷見うどんのいずれか、複数の説があります。

香川県「讃岐うどん」

発祥

香川県のうどんの伝来には諸説あり、かつての唐から伝わったという説が濃厚だとか。空海が唐に入ったのは延暦804年で31才のとき。その後806年に帰国した際に、「うどんの製法」「小麦」「唐辛子」のいずれかを持ち帰ったのだとか。

製法

しっかりとしたコシが特徴的な讃岐うどんは、うどんの生地にゴザをかぶせ足で踏む製法がかつては主流でしたが、衛生面の問題などもあり、現在では手打ちが主になっています。足踏み製法でうどんを打つ製麺所は少なくなりましたが、やり方を工夫しながら、今でも行われています。

また、高い技術力が求められる「すかし打ち」も、讃岐うどんを作る上で欠かせない工程のひとつなんですよ。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう