ライター : yuitoss

フリーライター

美容に関する記事を書くことが好きです。

非常食は何日分用意しておくべき?

絶対にそろえたいもの

一般的に災害が起こってから電気・ガス・水道などのライフラインが復旧するまでには、3日~1週間程度かかるといわれています。

その期間に最低限そろえておきたい食品は、第一に水。水は飲むだけでなく、アルファ米やフリーズドライ食品を作るためにも使えます。飲料水、および調理用水として1人1日約3L備蓄したいところ。

また、調理に使うため、水とセットでカセットコンロも用意しておきましょう。カセットボンベは1人1週間あたりで約6本が目安ですよ そのほか、簡単に食べられるクッキーやクラッカー、カンパン類、栄養バランスを保つための栄養補助食品などを用意しておくと安心です。(※1)

最低限「家族の人数×3日分」を用意

前述したとおり、ライフラインが復旧するまでの期間は3日~1週間。その間は支援物資が届かない、スーパーやコンビニで食品が手に入らないおそれがあります。

そのため、最低限「家族の人数×3日分」の非常食は備蓄しておきたいですね。 避難所に行く場合でも、最悪寝る場所以外は用意してもらえないかもしれません。そのため、最低3日間は自助で生活できるための用意をしておくといいですね。

過去の大規模な震災では、ガスや水道が9割程度復旧するのに20日以上かかっていまが、電気の復旧は2日や6日と比較的早い傾向があります。そのため、水・ガスコンロのほかに、IHクッキングヒーターやIH対応調理器具を用意しておくとより安心です。(※1,2)

余裕があるなら「家族の人数×1週間分」

将来的に起こる可能性があるとされている首都直下型地震や南海トラフ地震などの大規模災害が起こった場合、被害はかなり大きく、交通やライフラインへの影響も長期化する可能性が。

そのため、大規模災害を想定するなら、1週間分の備蓄を用意しておくことが望ましいとされています。余裕があれば1週間分を用意しておくと、より安心ですよ。(※3,4,5)

災害の時期によって必要なものが異なる

災害発生直後におすすめな非常食

災害発生直後は、電気やガスなどのライフラインが止まっている可能性があります。そのため、調理不要で手軽に食べられるクッキーやクラッカー類などがおすすめ。そのほか、缶詰や栄養補助食品など、カロリーや栄養がしっかりと補給できる商品を選んでおくといいですよ。(※6)

非常食の例
・ビスケットやクラッカー類
・カンパン
・缶詰類
・ゼリー系の栄養補助食品
・水やお湯がいらないアルファ米、フリーズドライ食品
・飲用水
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ