みんなが夢中の「むかん」って?あの懐かしデザートがコンビニでも買える!

八ちゃん堂から発売されている、皮むきいらずの冷凍みかん「むかん」をご存じですか?ユーモアなネーミングやコンビニでも買える手軽さが、TwitterやInstagramで話題になっています。そんなむかんの魅力に迫ってみました。

2019年4月9日 更新

ライター : noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われます^^;

夏といえば冷凍みかん

夏になるとアイスキャンディーやフローズンヨーグルトなど、凍らせたものが食べたくなりますよね?冷凍したフルーツもまたおいしいものです。冷凍フルーツにもいろいろありますが、代表的なものが「冷凍みかん」ではないでしょうか? 給食のデザートで出ていたなぁ……などと懐かしく思い出す方もいるかもしれませんね。ところでいま「むかん」なる食べ物が人気を集めているのをご存じですか?

SNSで人気の「むかん」ってなんだ?

冷凍みかんは正直皮がむきづらいし、皮をむいたらむいたで、今度は実の部分の白い筋をとらなくちゃ……。ちょっとめんどくさいなぁと感じる方に特におすすめなのがこの「むかん」。「みかん」の皮をむかない=むかん、という語呂合わせが楽しいですし、自分で冷凍させたみかんよりも甘くておいしいと、お味の評判もよいです。コンビニエンスストアでも絶賛発売中ですので、ぜひ探してみてください!

暑い夏にぴったり!「むかん」が流行中

TwitterやInstagramで、投稿する方があとを絶たない「むかん」ですが、この名前もユーモラスな冷凍みかんを考案したのは八ちゃん堂というメーカー。たこ焼きが有名な会社で、本社は福岡県にあるので、九州にお住まいの方にはすっかりおなじみかもしれません。 冷凍たこ焼きをはじめとして、「冷凍マンゴー」「冷凍なす」などの商品も販売している八ちゃん堂ですが、むかんは手間ひまかけて作られたこだわりの品だそうです。

なぜたこ焼きのメーカーがみかんを?

八ちゃん堂は、福岡県みやま市山川町にありますが、実はこの地域はみかんの産地として有名な場所。本社工場周辺にはみかん畑がたくさんあります。しかしながら、近年みかんの需要が国内で減ってきていることに危惧をいだき、若者のフルーツ離れを食い止め、みかん農家を少しでも手助けしたいとの思いで、むかんを作ることにしたのだそうです。

国産の甘いみかんを急速冷凍

むかんは、糖度の高い国産のみかんを選りすぐり、人の手で皮をむき、白い筋もひとつひとつ取り除くという、丁寧な作業をしたうえで、急速冷凍させています。水分を膨張させないことで、みかんをきれいなままおいしく凍らせることができるんですね。食品の冷凍はお手のものの八ちゃん堂だからこそ、作ることができた商品といえるでしょう。

無添加だからお子様でも安心

天然のみかんを使っており、添加物は一切使用していません。商品によって差異が出ないように、八ちゃん堂ではできる限り気をつけているそうですが、その年によって天候が違うので、甘さやすっぱさに多少バラつきが出てしまうことも。これも自然の恵みをそのまま大事に活用しているという証拠ですね。
Photos:3枚
箱に入ったむかんふたつ
パッケージを開けたむかん
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS