業務用もアリ!サイズや作れる量をチェック

かき氷機には、業務用もあります。大人数でかき氷を楽しみたいときは業務用のかき氷機を選ぶといいですね。

業務用のかき氷機は、ブロックアイスを削るタイプとロックアイスを削るタイプがあるので、どのような氷を使うのかによっても機械が変わります。ブロックアイスを使うタイプだと、1貫で20杯ほどのかき氷が作れますよ。

分解して洗えるかどうか

かき氷機は、分解して洗えるかも重要なポイント。特に冷凍フルーツやミルク氷などを使ってかき氷を作る場合は、毎回しっかりと洗う必要があります。また、洗ったあとの組み立てが簡単かどうかもチェックしておくといいでしょう。

安い・高い?価格で選ぶ

かき氷機は機能によっても価格が異なります。手動のかき氷機は、機能がシンプルなので比較的価格も安く購入しやすいです。また、氷の削り方を変えられるタイプや高機能なタイプ、作れる量によっても価格は高くなります。自分の使い方や予算に合ったかき氷機を選びましょう。

ふわふわのかき氷を作るなら?選ぶポイント

お店のようなふわふわのかき氷を作りたいのなら、刃の角度が調整できるかき氷を選ぶのがおすすめです。氷を薄く削るとふわふわに、厚く削るとシャキシャキのかき氷に仕上がりますよ。

デザインでかき氷機を選ぶのもおすすめ

最近では、かき氷機の種類も多く販売されています。おしゃれなかき氷機も販売されているので、そのままインテリアとしても楽しめますよ。さらにお子さんの大好きなキャラクターのかき氷機を選べば、きっと喜んでもらえますよ。使う人の好みに合わせたデザインのかき氷機を選ぶのもおすすめです。

手動かき氷機のおすすめ5選

1. エスケーアール 「マンハッタン シルキースノウ」

ITEM

SKR(エスケーアール) かき氷機 マンハッタン シルキースノウ

¥2,970〜

材質:ABS樹脂 サイズ:幅 100×奥行 150×高さ 425mm 重量:約2.3kg 氷のタイプ:専用カップ氷 刃の調節:可 カラー:オニキスブラック、アンバーブラウン、サファイアネイビー

※2021年6月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ