ライター : 前田未希

料理家 / フードコーディネーター

レシピライター、料理教室講師、studio racconto代表。お酒や食べること、作ることが好きな料理家です。「自宅で簡単に、ちょっとお洒落なひとときを楽しむ料理」をご提案します。アニ…もっとみる

チーズは焼くと大変身!

ちょっとしたおつまみを作る時に重宝するミックスチーズ(ピザ用チーズ)。冷凍保存が可能で、大袋で購入して必要なときに必要なだけ取り出して使える、とっても便利なアイテムです。チーズのとろける食感が、たまりませんよね! でも冷めるとおいしさも半減してしまって、残念な一面もあるチーズ料理。今回は、とろけないチーズ料理「パリパリチーズ」のご紹介です。 フライパンやオーブンで、油を敷かずにチーズを加熱するとどうなるかご存知ですか? 油を敷かずに加熱すると、チーズから油分や水分が飛んで、とっても香ばしいカリカリ食感に!そのクリスピー感はまるでスナックです。 ちょっとこってりしたものが食べたいときも、塩分や油分を調整できるので、市販のスナックよりも安心して食べられますよ。

『枝豆とコーンのパリパリチーズ』の作り方

材料(2〜4人分)

ミックスチーズ(ピザ用チーズ) 100g程度 冷凍枝豆(もしくは湯がいたもの) 適量 冷凍コーン(もしくは湯がいたもの) 適量 ※枝豆はさやから取り出した状態で50g、コーンは粒の状態で50gが目安です。

作り方

①コーンと枝豆は流水解凍し、さやから取り出して水気を切る。
②フライパンに油を敷かず、チーズを全体にすきまなく並べる。
チーズを加熱することで油が出てくるので、フライパンには油を敷かなくて大丈夫です。
③チーズの上に枝豆とコーンを敷き詰める。
④中火で加熱してチーズを溶かす。
チーズが溶けてきたら、浮き出ているコーンと枝豆を軽く押し込みましょう。
⑤フライパンのふちのチーズがふつふつとしたら、火を弱める。
中火のままだとチーズが焦げやすいので、このタイミングで必ず火を弱めて下さい。
⑥チーズから水分が出てカリカリに固まったら、火を止める。
フライ返しを差し込み、チーズが一枚に固まったらころ合いです。
⑦ひと口大にカットする。

ビールと一緒に、乾杯!

底の部分のチーズはカリカリサクサクでまさにスナックちょっと厚めに作ると、中はソフトに仕上がります。 枝豆やコーンのつぶつぶ食感が楽しく、つまんで食べられるので、どんどん手が伸びてしまいますよ。 ビールはもちろんのこと、よく冷えた炭酸系のアルコールとの相性もよいです。お好きな組み合わせでお楽しみくださいね!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS