新高円寺のフランスパン専門店「SONKA」で、国産小麦のパンを味わって

五日市街道沿いのフランスパン専門店「SONKA」。掲げられた看板やレトロポップな色使いの内観にも、深いこだわりを感じます。食事としてもおやつとしてもおいしくいただけるメニューで、あなたのフランスパンへのイメージをがらっと変えてくれるかも。

こだわりぬいたシンプルな、フランスパン

新高円寺駅、もしくは南阿佐ケ谷駅からすこし歩いたところにある、レトロポップな雰囲気のパン屋さん。
それが、フランスパン専門店「SONKA」です。
パン屋さんといっても、おいてあるのはフランスパンのみ。そこには、シンプルでありながらも深い、フランスパンにかけるこだわりがあるからなんです。

住宅街のなかに現れた、レトロポップなお店

まず目に入るのは、「フランスパンと、ジャムとジャズ。」の文字。その看板に違わず、お店では手作りのジャムと心地よいジャズが待っています。
テイクアウトももちろんできますが、ついイートインしたくなる魅力的な店内なのです。
すこしくすんだオレンジの壁も、下のレンガと相まって絶妙なレトロさ。
フランスパンにはキュートな顔がついていて、訪れた人を出迎えてくれます。
キッチンが見えるお店には、安心感を覚えますよね。
ジャズの流れるスピーカー。音にもこだわっています。心地よい空間で、おひとりさまでものんびりできそう。
フランスパンだけと言えど、様々に趣向を凝らしたメニュー。食事にもなるしっかりしたお惣菜系のものから、おやつにちょうどよい甘いものもあるのです。
このメニュー、黒板とチョークというのが、またお店の雰囲気と合っていい味を出しています。
ちなみに、お子さま連れにもうれしいキッズスペースあり。
ママ友どうし、お散歩の途中で小腹がすいたら立ち寄る、なんて使い方もすてきですよね。

いろいろな食べかたの、フランスパン

外せないのがこの、オーソドックスなフランスパン。
「今の僕の全てです。」と言い切るフランスパンは、1本210円。
北海道産の小麦粉を使い、僅かな量の酵母でのんびり発酵の過程を見守りつつ、タイミングを見て専用のオーブンで焼き上げられています。丁寧に作られたパンは、砂糖やバターが入っていないにもかかわらず噛むと甘みを感じるそう。

特集

SPECIAL CONTENTS