連載

あなたもきっとハマるはず!進化した各社レーズン食パンを食べ比べ

バタートースト評論家の私にとってレーズン入りのパンといえばパン開発業務時代のデビュー作。今回は当時の開発秘話も含め、大手3社の進化したレーズン食パンの違いや魅力をご紹介します。レーズン食パンをおいしく食べるにはちょっとしたコツがあるんです。

実は技あり!店頭に並ぶレーズン食パン

レーズン食パンって、単にパン生地にレーズンを混ぜればできるんでしょう?
そんな風に思われがちです。
でも実は、レーズンの味や量がおいしさの決め手となるのはもちろんですが、パン生地のおいしさをキープしたまま作るというのは、とっても難しいことなのです。
なぜならば、レーズンがパン生地の水分を吸ってしまうから!
だって、レーズンは乾燥しているんですもの。食パンとして焼き上がったあとも周りの水分を吸い続けようとするため、どうしてもパン生地がパサパサしがちになるわけです。
特にスーパーなどで並んでいる商品は町の焼き立てパン屋さんと違って、お客さんが買って帰ったあと3日ほどはおいしさをキープしなくてはいけないため、パン生地の味や食感とレーズンとの相性をコントロールするのにさらに高い技術を要します。
私がパスコでの開発業務時代に初めて手掛けたパンは、レーズンのほかにぶどう果汁をたっぷり使い、パン生地でもジューシーなぶどうの風味を楽しめるというレーズン入りパン。
レーズンも果汁の量も、少ないと味が出ないし多いと膨らみにくく価格も高くなるし、と壁も多く……完成して店頭に並んだ時はほんとうに嬉しかったです。

比べてみるとおもしろい、大手3社の違い

さて、今回は大手製パンメーカー3社のレーズン食パンを比べてみます。もちろん、トーストしていただきますよ。
レーズン食パンはほとんどの場合、ほんの少しでもトーストした方が断然おいしく食べられます。ただし菓子パンの場合は別ですが。
ヤマザキ、PASCO、フジパン。3社ともパッケージはぶどう色です。
フジパンの「本仕込」はパッケージにぶどうの画像がありませんね。でも、食べ比べてみるとその理由はよくわかります。その話はのちほど。
写真は左から、ヤマザキ、PASCO、フジパンです。
購入する際は、きっと皆さんがそうされるように、私もできるだけ「レーズン多め」を狙って選んできました。ですが、こうして並べてみると各社のレーズンの量には意外と差がないことにちょっとビックリ。
それよりも味と香りはもちろん、生地の違いが特徴的でした。
各社の違いについてはこれから詳しく述べていきますが、総じていえることは「レーズン食パンの焼き加減は軽めがおすすめ」ということ。焼き過ぎるとレーズンが焦げたりパンがバサバサになってしまったりするからです。
もちろんバターは、以前こちらの記事で書いたように素早く塗ってくださいね。

ヤマザキ「レーズン好きのレーズンブレッド」

こちらはまず、袋を開ける瞬間を楽しんでください。すごいです。
ワイン樽のふたを開けたかのようにグワァ~ンと、深くて濃い芳醇なレーズンの香りに包まれます。この時点でコックリした味が想像できるはず。
なんといってもレーズンの粒の弾ける食感がたまりません!他社に比べると少し小ぶりですが、プチッと弾け、想像以上にコクのあるギュッと凝縮された濃い味が口に広がります。
ん?そういえばパンの味はどこへやら。生地のもちもち感もかなり嬉しい特徴ですが、とにかくレーズンが、どうだ!どうだ!どうだー!と攻めてくるようなレーズン三昧でパンへの意識が……。まさにレーズン好きにはたまらない、レーズンを食べるためのパンといったおいしさです。
パン生地自体の味はあまりしないため、味の強いバターを合わせるとレーズンとはミスマッチ。ふんわり軽いテイストの発酵バターなどが好相性です。

特集

SPECIAL CONTENTS